アニマルウェルフェア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,246
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アニマルウェルフェアとは、動物福祉のことで、ヒト以外の動物にも、ヒトと同様の生存権を認めようという考え方である。ヒトの生命を奪ってはならないのと同様に、ヒト以外の動物の生命も奪ってはならないという主張である。いわゆる「菜食主義(ベジタリアン)」という理念の背景にも同様の主張がある。しかし「動物の生きる権利」を主張する立場は、食事だけではなく、ヒト以外の生命をヒトのために利用することを一般に拒否する。牛や豚を食べないだけではない。たとえば医学実験にマウスやヒヨコを使うのも拒否する。もちろん、どのような主張にも色の濃淡はあるから、どこまでがという厳密な線は引けない。しかし、「動物の生きる権利」と一般に呼ぶ理念は、ヒト以外の動物に生存権を認め、殺生を禁ずる立場だと言える。それに対して「動物福祉」という理念は、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家畜行動学レポート
    1、アニマルウェルフェアとは
    アニマルウェルフェアとは、動物福祉のことで、ヒト以外の動物にも、ヒトと同様の生存権を認めようという考え方である。ヒトの生命を奪ってはならないのと同様に、ヒト以外の動物の生命も奪ってはならないという主張である。いわゆる「菜食主義(ベジタリアン)」という理念の背景にも同様の主張がある。しかし「動物の生きる権利」を主張する立場は、食事だけではなく、ヒト以外の生命をヒトのために利用することを一般に拒否する。牛や豚を食べないだけではない。たとえば医学実験にマウスやヒヨコを使うのも拒否する。もちろん、どのような主張にも色の濃淡はあるから、どこまでがという厳密な線は引けない。しかし、「動物の生きる権利」と一般に呼ぶ理念は、ヒト以外の動物に生存権を認め、殺生を禁ずる立場だと言える。それに対して「動物福祉」という理念は、究極のところで、ヒトがヒト以外の動物の生命を犠牲にすることを認めている。そうせざるをえない2つの理由がある。第1に、ヒト以外の動物をヒトが利用するのはヒトの本性だからである。草を草食獣が食べ、その草食獣を肉食獣が食べる。自然界にはそうした..

    コメント1件

    ekusuy10 購入
    あまりない資料だったので助かりました。
    2006/09/17 10:09 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。