反芻家畜飼養がもたらす環境負荷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数463
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    課題3.反芻家畜飼養がもたらす環境負荷にはどのようなことが考えられるか、またその環境負荷が反芻家畜飼養にどのような影響を及ぼすか、ルーメンの代謝から考察しなさい。

    第一胃にエサが送り込まれ、胃の運動によってエサと胃内容が攪拌されると微生物の活動が始まる。微生物はエサにとりつき、エサの組成を分解したり合成したりしてもっと単純な形の別の物質にかえながらどんどん増殖する。これが発酵であり、第一胃の消化であり、牛、羊、山羊など反芻獣の消化の特徴である。
     反芻動物は第一胃という巨大な発酵層で微生物を働かせ、炭水化物を酢にかえ、タンパク質をアンモニアに分解してから利用するというかわった方法で消化している。また、微生物は発酵の過程でビタミンも生産する。
     デンプン、糖、繊維などを炭水化物と呼び、牛が生活し生産するための主要なエネルギー源となっている。穀類、ヌカ類、フスマ類、イモ、イネ科植物の青刈りや乾草、糖蜜などに多く含まれている。牛は炭水化物の大部分を第一胃の発酵で消化し吸収する。人間が利用できない硬い繊維も微生物の働きを借りて消化し、栄養として役立てることができるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題3.反芻家畜飼養がもたらす環境負荷にはどのようなことが考えられるか、またその環境負荷が反芻家畜飼養にどのような影響を及ぼすか、ルーメンの代謝から考察しなさい。
    第一胃にエサが送り込まれ、胃の運動によってエサと胃内容が攪拌されると微生物の活動が始まる。微生物はエサにとりつき、エサの組成を分解したり合成したりしてもっと単純な形の別の物質にかえながらどんどん増殖する。これが発酵であり、第一胃の消化であり、牛、羊、山羊など反芻獣の消化の特徴である。
     反芻動物は第一胃という巨大な発酵層で微生物を働かせ、炭水化物を酢にかえ、タンパク質をアンモニアに分解してから利用するというかわった方法で消化している..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。