享保の改革について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,603
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     初代徳川家康以来、七代家継までの政権は、体系的な法典は持たず随時発布する法令や慣習法、判例法によって公事、訴訟を処理していたが、社会の複雑化により、訴訟件数が増加し、内容も多岐にわたり、従来の裁判の方法では滞りがちとなってきた。こうした状況に対応するため、吉宗は刑法典「享保度法律類寄」、享保期の触、達や評定所一座の評議を集めた「享保撰要類集」、大岡忠相が部下に命じて町触を整理した「撰要類集」、幕府から享保までの主要な幕府法令を分類、整理した「御触書集成」などを編纂した。そして、最も著名な編纂物として「公事方御定書」は、老中松平乗邑を編纂主任として、自社奉行の牧野貞通、町奉行の松波正春、勘定奉行の杉岡能連らによって本格的な判例の整理、検討の作業にはいり、寛保二年に上下二巻の法典が完成した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    떇뺎둂둽궸궰궋궲
    1,밫뺂궴뚺럷뺴뚥믦룕
    룊묆벩먯됄뛐댥뿀갂렦묆됄똯귏궳궻맠뙛궼갂뫬똭밒궶밫궼렃궫궦릯렄뵯븓궥귡쀟귘뒿뢐갂뵽쀡궸귝궯궲뚺럷갂멼뤩귩룉뿚궢궲궋궫궕갂롊됵궻븸랦돸궸귝귟갂멼뤩뙊릶궕몵돿궢갂볙뾢귖뫝딌궸귦궫귟갂뿀궻띥뵽궻뺴궳궼뫸귟궕궭궴궶궯궲궖궫갃궞궎궢궫륉떟궸뫮돒궥귡궫귕갂땑궼똜밫걏떇뺎뱗뿥쀞딋걐갂떇뺎딖궻륢갂묪귘믦룋덇띆궻땉귩뢜귕궫걏떇뺎먲뾴쀞뢜걐갂묈돦뭺몜궕븫돷궸뼺궣궲뮠륢귩맢뿚궢궫걏먲뾴쀞뢜걐갂뼀궔귞떇뺎귏궳궻롥뾴궶뼀쀟귩빁쀞갂맢뿚궢궫걏뚥륢룕뢜맟걐궶궵귩뺂궢궫갃궩궢궲갂띍귖뮊뼹궶뺂븿궴궢궲걏뚺럷뺴뚥믦룕걐궼갂쁖뭷뤌빟뤸뾚귩뺂롥봀궴궢궲갂렔롊뺫뛱궻뻫뽰믣믅갂뮠뺫뛱궻뤌봥맫뢶갂뒯믦뺫뛱궻릻돦쁀귞궸귝궯궲둰밒궶뵽쀡궻맢뿚갂뙚뱼궻띿떾궸궼궋귟갂뒺뺎볫봏궸뤵돷볫뒱궻밫궕뒶맟궢궫갃
    뤵뒱궸궼갂믦룋딮뫁궔귞럑귏귟갂됌븊멼릐궻뛼랣궶궵딈밒궶뛼랣궻빒갂뚺럷멼뤩귘갂똜럷렩뛱궸듫궥귡딮믦갂궩궢궲뵴됖갂됌븊갂롆럔갂덨뾙룛궶궵궻맕뗕럷갂렊릣갂됌뤑멺뜃갂뛱귢뷲릐궶궵궻뛱맠밒뽦묋궶궵갂랳뺫뛱궻랉궻궎궑궳륂궸땼궥귊궖뼀궻뢣뾴쀟뵬덇믅귩뙱빒궻귏귏봹쀱궢궫귖궻궳갂쀟뢜궴궢궲궻맜둰귩렃궯궲궋귡갃
    돷뒱궸..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。