哲学とは何か

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数779
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート哲学無限なもの空気

    代表キーワード

    哲学空気

    資料紹介

    哲学の出発点は紀元前5〜6Cである。哲学以前は古くから詩人たちが世界の始源について神語的に説明し、ギリシャ以前はエジプト・バビロニアで数学や天文学が発達した。そして実用的な経験的知識を得た。哲学の基本的な特徴は特定の領域に制限されない普遍哲学と根底へと深く問う基礎科学がある。自然哲学者たちの基本的態度は、世界は何から形成されたか・いかに発生したかという事を追求し、ある起源の物質を様々に生成変化するかという元のもの(始源・原理)を考える。万物の元のものというのは『水』『無限なもの』『空気』である。考えることにより万物が生じ、直接経験させる現象に対して、『その根本にあるものを問う・合理的に説明しようとする』態度を示し、理論的に考えることにより物事の根本を探求し、本質を見極めることに繋がるのである。そして『知恵の愛』によるこの理論的・原理的態度が西洋の学問一般の重要な特性になる。
      哲学の最初の学説とはまず初めに?『水』を世界の原理とする自然論がある。水は万物が発生し存立する資料である。大地は木材のように水上に浮かび、これにより大地が世界の中心に静止する。なぜなら、あらゆる種子が湿った本性を持ち、水こそがその湿り気を持ったものにとって、その本性の元のものだからである。
      次に?『無限なもの』を世界の原理とする自然論がある。これは万物がそこから生成され、消滅によってそれに帰還するという資料の無限な量のことである。空間的・時間的に無限で性質的に無規定であり、冷たいもの・暖かいものの性質の反する2つのものから万物が起こるとされている。
      最後に?『空気』を世界の原理とする自然論がある。『無限なもの』の説を受け継ぎ、限りなく広がり、不断に運動変化する空気と呼ぼうとした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    哲学とは何か
      
    哲学の出発点は紀元前5~6Cである。哲学以前は古くから詩人たちが世界の始源について神語的に説明し、ギリシャ以前はエジプト・バビロニアで数学や天文学が発達した。そして実用的な経験的知識を得た。哲学の基本的な特徴は特定の領域に制限されない普遍哲学と根底へと深く問う基礎科学がある。自然哲学者たちの基本的態度は、世界は何から形成されたか・いかに発生したかという事を追求し、ある起源の物質を様々に生成変化するかという元のもの(始源・原理)を考える。万物の元のものというのは『水』『無限なもの』『空気』である。考えることにより万物が生じ、直接経験させる現象に対して、『その根本にあるものを問う・合理的に説明しようとする』態度を示し、理論的に考えることにより物事の根本を探求し、本質を見極めることに繋がるのである。そして『知恵の愛』によるこの理論的・原理的態度が西洋の学問一般の重要な特性になる。
      哲学の最初の学説とはまず初めに①『水』を世界の原理とする自然論がある。水は万物が発生し存立する資料である。大地は木材のように水上に浮かび、これにより大地が世界の中心に静止する。なぜなら、あら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。