成果主義におけるモチベーションの行動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数676
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成果主義におけるモチベーションの行動(プリンシパル・エージェント理論(中でインセンティブ理論・エージェント理論・マルチタスクの問題を紹介する)
    モチベーションアップの施策の1つに「成果主義」があげられる。
      企業業績を考える際に、話題にのぼる理論の1つとして「プリンシパル・エージェントモデル」がある。会社の経営者(雇用者)をプリンシパルとし、労働者(従業員)をエージェントと置き換え、彼らの間には、情報の非対称性から起こりうる行動パターンを検証している。プリンシパルとエージェントは、仕事をするにあたって、作業の内容や・賃金・福利厚生などの合意(=雇用契約)を行うが、その後のエージェントの選択や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。