他者への欲望

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数395
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・他者への欲望についての回答

    他者への欲望についての一節について質問頂きまして有難うございます。
    最近よく話題になっております東大の名誉教授である養老猛子氏の講義を聞く機会が以前有りまして、人間の体組織は一週間もすれば完全に新しいものと入れ替わっている。そして人間は日々自らの記憶を失う為に人間とは日々生まれ変わっているようなものであり、鏡や他者から見られた自分の話を聞くことで自己認識を日々改め直しているという話を聞きました(講義名は「わかる」と言う事、というものです)この日々私自身は変わる者であると言う立場に立てばこれは私自身だけでなく欲望を抱く他者にもこの考えは生物学的に当てはまるものです(物理的にもエントロピーの増大は防げない物ですから)。
    では他者へ欲望を感じた時とは単純に言えば「好きになった時」と考えて下さい。好きになった時点からも彼は年は取りますし思想にも変化はあるでしょうし普遍的で永遠に変わらない人間ではないはずです。また付き合うようになり長く接することが有ればより深く知る事からも印象は変わるかもしれません。この時に以前と今 (あるいは今の彼と昔の彼に共通してでもかまいません) に共通して好きな所が私の欲望の対象であると客観的に判断できるわけです。この欲望の対象は特定の特徴でありそれは総ての人間が欲望の対象として捕らえる真理とは考えにくいと思います。それは幼児期からの成長段階において各個人の欲望の対象に差異が生じて来るからです。理想的な人と聞いて頭に思い浮かべる人物像は同じ芸能人を思い浮かべるとしてもその人の捕らえ方や考え方が総て完全に一致する物ではありません。百人居れば百通りの捕らえ方が有り、貴方にとっての好きな人の理想像とはとは貴方だけが持っていて、貴方にとっての恋人とは私から同一人物を見ても欲望の対象も相手の捕らえ方も異なるのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・他者への欲望についての回答
    他者への欲望についての一節について質問頂きまして有難うございます。
    最近よく話題になっております東大の名誉教授である養老猛子氏の講義を聞く機会が以前有りまして、人間の体組織は一週間もすれば完全に新しいものと入れ替わっている。そして人間は日々自らの記憶を失う為に人間とは日々生まれ変わっているようなものであり、鏡や他者から見られた自分の話を聞くことで自己認識を日々改め直しているという話を聞きました(講義名は「わかる」と言う事、というものです)この日々私自身は変わる者であると言う立場に立てばこれは私自身だけでなく欲望を抱く他者にもこの考えは生物学的に当てはまるものです(..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。