現代健康問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,489
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ・エイズについて
    この病気は最近増加傾向にあり、特に東南アジアにおいて顕著に目立っている。1992年以降のピーク後には減少したものの、1996年以降ほぼ一貫して増加傾向が続き、2003年には過去最高の報告数となった。
     まず日本国内から見てみると、感染経路別では「同性間性的接触」、性別では「男性」、感染地別では「国内感染」、報告地別では「関東甲信越(東京都を除く)と近畿以外のすべてのブロック」で増加傾向が見られた。
    日本国内の感染の原因として、まずは現代の性風俗の乱れがあげられると私は思う。今、男女共に初体験の年齢が下がっていると雑誌で読んだことがある。確かに昔は、婚姻年齢も早かったという反論もあるかもしれないが、今の若い人は欲求のままに行動しがちだ。我慢が足りないのかもしれない。いくら避妊をするといっても100%じゃないし、特に女の子においては(エイズ予防にもなるのに)避妊をしてと言い出せないことに問題があると思う。これは、もし結婚していれば、話は違うが、ただの恋人どまりだからどちらにも責任感の欠如があるのだと思う。エイズになって後で後悔するのでは遅い。きちんと行動を起こす前にもっと1人1人が考えて自分の行動に責任をもててゆけたらと思う。
    次に国外において見てみると、先に述べたように国籍別で言うと、「東南アジア」が最も多く、2番目がラテンアメリカ、3番目がサハラ以南アフリカである。原因は男性、女性共に「異性間接触」が最も多い。
    国外においてのエイズの予防は、原因である感染経路は同じだが日本国内と少し異なると思う。なぜなら、日本はエイズ予防になる避妊をするお金があっても、本人たちの責任の欠如からしない。だが、東南アジアやアフリカの人々は、しようにも避妊をするお金がないのだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エイズについて
    この病気は最近増加傾向にあり、特に東南アジアにおいて顕著に目立っている。1992年以降のピーク後には減少したものの、1996年以降ほぼ一貫して増加傾向が続き、2003年には過去最高の報告数となった。
     まず日本国内から見てみると、感染経路別では「同性間性的接触」、性別では「男性」、感染地別では「国内感染」、報告地別では「関東甲信越(東京都を除く)と近畿以外のすべてのブロック」で増加傾向が見られた。
    日本国内の感染の原因として、まずは現代の性風俗の乱れがあげられると私は思う。今、男女共に初体験の年齢が下がっていると雑誌で読んだことがある。確かに昔は、婚姻年齢も早かったという反論もあるかもしれないが、今の若い人は欲求のままに行動しがちだ。我慢が足りないのかもしれない。いくら避妊をするといっても100%じゃないし、特に女の子においては(エイズ予防にもなるのに)避妊をしてと言い出せないことに問題があると思う。これは、もし結婚していれば、話は違うが、ただの恋人どまりだからどちらにも責任感の欠如があるのだと思う。エイズになって後で後悔するのでは遅い。きちんと行動を起こす前にもっと1..

    コメント1件

    takashi 購入
    良くまとまっていてわかりやすかったです。
    参考にします。
    2007/01/06 21:26 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。