犯罪心理学主要論点ー死刑ー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数426
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今回のレポートはこの学問分野において主要な論点ともいえる死刑の是非について検討してみたいと思う。最初に概説を説明し、死刑置置論・廃止論を対比させた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪心理学重要語レポート
    今回のレポートはこの学問分野において主要な論点ともいえる死刑の是非について検討してみたいと思う。最初に概説を説明し、死刑置置論・廃止論を対比させた。
    ☆死刑
    ・・死刑は最も峻厳な国家刑罰の行使であり、その本質が、生命の剥奪にあるがゆえに、古来よりその存廃に関して激しい闘争がなされてきた。
       死刑の存置論・廃止論の理論的根拠については種種のものがあるが、ここでは箇条書き的にまとめてみることにする。
     まず、死刑存置論の根拠としては、①人を殺したるものはその生命を奪われるべしというのは国民の法的関心である。②社会の応報観は犯人の死刑によって満足させられるものである。③..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。