犯罪心理学主要論点ー死刑ー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数511
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、死刑存置論の根拠としては、?人を殺したるものはその生命を奪われるべしというのは国民の法的関心である。?社会の応報観は犯人の死刑によって満足させられるものである。?死刑を廃止すれば、私刑が増加する恐れがある?被害者の親族は加害者が死をもって賠罪したということにより満足するものである?法秩序の維持のためには死刑の威嚇力は尚、勇往であり、死刑は一種の必要悪である。?死刑は無機刑に比べて経費がかからない?優生学の立場から言っても、改善不能の犯罪者は死刑に処したほうが良い。?大多数の殺人犯人は、彼らの死ぬ権利を否定するべきではない。?法の基盤である絶対的正義の見地よりして、死刑は故意の殺人犯に対する最も正しい刑罰である。などが挙げられる。

    刑の執行猶予は、主として初犯者に大使、刑の執行を情状により期間を定めて猶予し、期間中取り消さなければ執行しないという裁判上の処分である。
     刑の執行猶予制度は、事実上または法律的にも1つの恩恵と見られているが、刑事政策的には、実犯に伴う社会復帰の困難性の軽減ないし除去、特に自由刑といわれるものの回避、施設負担の緩和などの消極的意義と共に、社会生活継続の利益、とりわけ言い渡された刑が執行されるか否かを犯人の将来の行状にかからせることによって、その自戒を促し、更生・社会復帰に資するという積極的意義が重要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪心理学重要語レポート
    今回のレポートはこの学問分野において主要な論点ともいえる死刑の是非について検討してみたいと思う。最初に概説を説明し、死刑置置論・廃止論を対比させた。
    ☆死刑
    ・・死刑は最も峻厳な国家刑罰の行使であり、その本質が、生命の剥奪にあるがゆえに、古来よりその存廃に関して激しい闘争がなされてきた。
       死刑の存置論・廃止論の理論的根拠については種種のものがあるが、ここでは箇条書き的にまとめてみることにする。
     まず、死刑存置論の根拠としては、①人を殺したるものはその生命を奪われるべしというのは国民の法的関心である。②社会の応報観は犯人の死刑によって満足させられるものである。③..

    コメント2件

    ja023036 購入
    確かに主要論点を書き出しただけ。レポートとして成立するのか疑問点が残る。
    2006/04/22 20:48 (10年7ヶ月前)

    iichikoneko 購入
    参考になりました。
    2006/12/18 12:03 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。