犯罪心理学用語Part.2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数806
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ☆一般予防
    ・・・ベッカリーアは「人は自由意志を持って、計算のできる理性的な動物である」という事を前提とし、人は利益追求という快楽という苦痛を十分に考えて行動できるのだから、快楽より少し重い刑罰を科せば、損得計算の結果として犯罪を行わないと考えた。

    ☆生来性犯罪説
    ・・・ロンブローゾがその著書「犯罪人論」の中で、犯罪者は生まれながら犯罪を行うよう運命づけられていて、犯罪者は通常人にはない身体的特徴を有していると主張した理論。犯罪者はヒトへの発展途上にある存在で、先祖返りの隔世遺伝であるとした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    犯罪学用語
    一般予防
    ・・ベッカリーアは「人は自由意志を持って、計算のできる理性的な動物である」という事を前提とし、人は利益追求という快楽という苦痛を十分に考えて行動できるのだから、快楽より少し重い刑罰を科せば、損得計算の結果として犯罪を行わないと考えた。
    生来性犯罪説
    ・・ロンブローゾがその著書「犯罪人論」の中で、犯罪者は生まれながら犯罪を行うよう運命づけられていて、犯罪者は通常人にはない身体的特徴を有していると主張した理論。犯罪者はヒトへの発展途上にある存在で、先祖返りの隔世遺伝であるとした。後にゴーリング等の研究によって批判され、生来的犯罪者はいないとされた。
    模倣の法則
    ・・たるとが提..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。