自由刑について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数604
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、総論
    自由系は受刑者を拘禁してその自由を剥奪することを内容とする刑罰、国によって一様ではない。わが国の現行法は、懲役・禁固・拘留の3つである。未決拘留の意味しかもたなかったが主要な刑罰となった理由は?大規模な拘禁が可能になった?自由の価値の自覚がなされるようになった?労働力が貴重となり社会復帰の利益が強まった?民主主義の発達による4点である。これらにより残虐な刑を課すことの不当性を自覚するようになった。
     自由刑の長所は?危険な犯罪者に対する隔離効果?物的・人的資源を集中して教育、心理治療、社会復帰のための総合的処遇を行いうること?悪い社会環境から離脱させ反省の機会を与える?一般人に対する威嚇効果は大きいなどが挙げられる。歴史的にも?、?にあるような再犯防止機能が期待されている。犯人の隔離及び改善のための処遇によって達成。自由刑の執行は、犯人を社会から隔離するからその間社会は犯罪者の社会的危険から保護されるので無害化作用は犯罪の抑止にとって重要である。受刑者はいずれ社会復帰をするので彼らを更生し再び罪を犯さない市民として社会に復帰させることは、刑事政策上きわめて重要で、個人の尊厳を重んじる人道主義の要請でもある。社会復帰こそが自由系執行の中心的目的であり、自由刑に固有の刑事政策的意義である。

    2、自由刑における限界・問題点
    社会復帰を1番の目的としているのに拘禁して社会生活の自由を奪うこと自体矛盾してはいないかということである。?への収容は社会からの隔絶であり社会不適応を招く恐れがある。?犯罪者の集団に入るために悪風に感染する?他律的な生活は施設化を進め人格の退化を招く?拘禁ノイローゼなど自由剥奪以上の苦痛を与える恐れがある?刑務所帰りという烙印が社会復帰を妨げる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    自由刑について
    総論
    自由系は受刑者を拘禁してその自由を剥奪することを内容とする刑罰、国によって一様ではない。わが国の現行法は、懲役・禁固・拘留の3つである。未決拘留の意味しかもたなかったが主要な刑罰となった理由は①大規模な拘禁が可能になった②自由の価値の自覚がなされるようになった③労働力が貴重となり社会復帰の利益が強まった④民主主義の発達による4点である。これらにより残虐な刑を課すことの不当性を自覚するようになった。
     自由刑の長所は①危険な犯罪者に対する隔離効果②物的・人的資源を集中して教育、心理治療、社会復帰のための総合的処遇を行いうること③悪い社会環境から離脱させ反省の機会を与える④一..

    コメント1件

    hihiro12345 購入
    参考になりました
    2006/12/28 22:33 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。