佐藤栄作について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数579
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高度経済にひずみをなくすのが政治家という考えのした、「社会開発」と「安定成長」スローガンに支持勢力を結集し1964年11月総理の座についた。
     佐藤は、情報通で「早耳の佐藤」と呼ばれた。また現場を持つということは人を動かす、労組との関係をうまくするということであり現場を持つ鉄道官僚出身からか人事の才に長けていた。野心を持つものをうまく使い、田中角栄や福田を競わせた。内閣改造を、組閣を含め9回を行ったことから分かるように自派閥のみならず自民党全体にバランスにも目配りした。人事の際には無理をせず、7対3の状況を待つ、作る「街の政治」、「時」を政治の要素に考えた。
     長期政権理由としてまず日本経済が好景気で経済成長期の時代に恵まれたことがあげられる。また政治手法もその1つといえる。佐藤の政治手法は党内に敵を作らないことであり、自分の政権を脅かす政権に反対する反主流派を作らず、つかず離れずの非主流派にする。そのために反主流派にも党役員人事の際にしかるべきそれぞれの派閥の意向を汲みポストを与え、派閥均衡人事を行い派閥のバランスをとり、党内の不満を抑える。佐藤は政治基盤として参議院にも目を向けた。自民党の総裁選挙は自民党に所属する衆参国会議員に投票権があった。参議院は全県1区6つくらいあったため派閥が生まれにくいので派閥職が薄い自民党の代表であったので参議院は総裁を出している派閥を支持した。佐藤は重宗参院議長の「参院にも閣僚ポストをくれ」との要求に3人の官僚ポストを与え、参院を佐藤政権の基盤に固めた。参議院に閣僚ポストを与えるのは佐藤内閣から制度化された。ここにも佐藤の人事のうまさが表れている。佐藤は自民党とういう一大政党をまとめることに成功した。自民党内をまとめたことと経済安定により、安定した状況で政治運営を行った

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    佐藤栄作
    高度経済にひずみをなくすのが政治家という考えのした、「社会開発」と「安定成長」スローガンに支持勢力を結集し1964年11月総理の座についた。
     佐藤は、情報通で「早耳の佐藤」と呼ばれた。また現場を持つということは人を動かす、労組との関係をうまくするということであり現場を持つ鉄道官僚出身からか人事の才に長けていた。野心を持つものをうまく使い、田中角栄や福田を競わせた。内閣改造を、組閣を含め9回を行ったことから分かるように自派閥のみならず自民党全体にバランスにも目配りした。人事の際には無理をせず、7対3の状況を待つ、作る「街の政治」、「時」を政治の要素に考えた。
     長期政権理由としてまず日本経済が好景気で経済成長期の時代に恵まれたことがあげられる。また政治手法もその1つといえる。佐藤の政治手法は党内に敵を作らないことであり、自分の政権を脅かす政権に反対する反主流派を作らず、つかず離れずの非主流派にする。そのために反主流派にも党役員人事の際にしかるべきそれぞれの派閥の意向を汲みポストを与え、派閥均衡人事を行い派閥のバランスをとり、党内の不満を抑える。佐藤は政治基盤として参議院にも目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。