公共と福祉

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数535
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会・統一
     <2つの統一を例に出し、社会保障の必要性についての説明>
     2つの統一(ドイツの統一・EUの統一)→社会面での統一が議論となる
        理由:統一、統合を行う際に政治や経済の統一だけでは、不十分(by ヨーロッパの人々)
      ⇒人間は社会的な存在であり、人間社会には古くから広い意味での社会保障が存在した(ex 家族における世代間扶養・封建的関係における扶養)

    ドイツ統一と雇用政策
     <ドイツでの社会保障制度、特に雇用政策の実態>
    雇用政策・・・・社会政策の中で重要課題→社会保障制度の土台(byケインズ以降)
     ex.東西ドイツ統一プログラムにおける2つの立場
      ?「市場経済原理」からの説明
        雇用を不自然な形で維持するのではなく、財・サービスの生産・消費が市場機構によって社会的に調整される経済制度に基づいて、企業に競争力をつけるのが正しいとする考え方。
      ?「積極的な労働市場政策」からの説明
        失業すると失業手当が、その期限が過ぎると失業給付が支給され、さらには生活保護が実施されるというような、失業者に対して、積極的に雇用を創り出す差政策に予算を用い、失業を未然に防ぐという考え方。

    論点
    ・雇用と保障の間に権力は存在していると思いますか?またどのような権力が存在していますか?
    ・日本を含め3個の類型がありましたが、どれが良いと思いましたか?またその理由は何ですか?
    ・現代国家は福祉国家だと思いますか?それはどのような時に感じますか?
    ・福祉国家の中に権力は介在していると思いますか?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    権力から読み解く現代人の社会学入門
    有斐閣
    第8章 公共と福祉
    社会・統一
     <2つの統一を例に出し、社会保障の必要性についての説明>
     2つの統一(ドイツの統一・EUの統一)→社会面での統一が議論となる
        理由:統一、統合を行う際に政治や経済の統一だけでは、不十分(by ヨーロッパの人々)
      ⇒人間は社会的な存在であり、人間社会には古くから広い意味での社会保障が存在した(ex 家族における世代間扶養・封建的関係における扶養)
    ドイツ統一と雇用政策
     <ドイツでの社会保障制度、特に雇用政策の実態>
    雇用政策・・・・社会政策の中で重要課題→社会保障制度の土台(byケインズ以降)
     ex.東西ドイツ統一プログラムにおける2つの立場
      ①「市場経済原理」からの説明
        雇用を不自然な形で維持するのではなく、財・サービスの生産・消費が市場機構によって社会的に調整される経済制度に基づいて、企業に競争力をつけるのが正しいとする考え方。
      ②「積極的な労働市場政策」からの説明
        失業すると失業手当が、その期限が過ぎると失業給付が支給され、さらには生活保護が実施されるというような..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。