日本の個人資産の規模と特色

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数693
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の個人資産の規模は1,400兆円で米国の1,900兆円に次いでG5諸国の中では第2位となっている。その特色としては、預金による貯蓄が中心となっていて、米国に比べ所得に占める金融資産の純取得額の割合が高いことが挙げられる。安全資産重視のスタンスが強まっている中、日本はそれを中心の資産とする構成となっていて、株式投資へのウエイトが低い。その一方、米国は株式への投資が相対的に活発でアメリカ人は株式投信を銀行代わりに使っている。これが日米個人資産運営方法の違いでもある。
    日本の個人金融資産の構成を見てみると、ローリスクローリターンの「現金・預金」が5割を超え、その次が「保険・年金」が約3割を占めている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国際ファイナンス小論文
    ~日本の個人資産の規模とその特色について具体的に述べなさい~
    日本の個人資産の規模は1,400兆円で米国の1,900兆円に次いでG5諸国の中では第2位となっている。その特色としては、預金による貯蓄が中心となっていて、米国に比べ所得に占める金融資産の純取得額の割合が高いことが挙げられる。安全資産重視のスタンスが強まっている中、日本はそれを中心の資産とする構成となっていて、株式投資へのウエイトが低い。その一方、米国は株式への投資が相対的に活発でアメリカ人は株式投信を銀行代わりに使っている。これが日米個人資産運営方法の違いでもある。
    日本の個人金融資産の構成を見てみると、ロー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。