薬剤感受性試験(MIC測定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,100
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    目的
    被検菌に対するストレプトマイシンのMICを測定する。

    方法
    1、 マイクロタイターウエルの各穴(10穴)にマイクロピペッターを用い、感受性測定用培地(CAMHB)を100μLずつ分注した。
    2、 ピペットチップを換え、ピペッターで第1穴に抗生物質を100μL加え、ピペッチング操作(吸い上げては吹き出す操作を7回繰り返すことにより混合した。この時、泡をできるだけ立てないように注意した)により混合した。

    ※注意
    ?顕微鏡の絞りを絞って光量を少なくして観察すること。
    ?使用したスライドグラスは必ず所定の容器に入れて滅菌すること。

    (2) スライド培養法(厚膜胞子、仮性菌糸、出芽型胞子の観察)
    ? ガラスシャ−レにU字管とスライドグラスを入れ乾熱滅菌する。
    ? シャ−レにコ−ンミ−ル寒天を流し、厚さ1〜2mmに固める。
    ? コ−ンミ−ル寒天をおよそ5×10mmの大きさに切り、?のスライドグラス上にのせる。
    ※ 実習では?から行った。
    ? Candida albicansを白金線で少量とり、倍地上に3本線を引くように移植した。
    ? 滅菌カバ−グラスをかけた。
    ? シャ−レに少量の滅菌水をいれ、寒天が乾燥しないようにした。
    ? 27度のフラン器で2日間培養した。
    ? スライド培養の菌接種部を鏡検した。
    (対物レンズ)×10→×40
    (接眼レンズ)×10

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    9薬剤感受性試験(MIC測定)
    目的
    被検菌に対するストレプトマイシンのMICを測定する。
    方法
    マイクロタイターウエルの各穴(10穴)にマイクロピペッターを用い、感受性測定用培地(CAMHB)を100μLずつ分注した。
    ピペットチップを換え、ピペッターで第1穴に抗生物質を100μL加え、ピペッチング操作(吸い上げては吹き出す操作を7回繰り返すことにより混合した。この時、泡をできるだけ立てないように注意した)により混合した。
    表に従って抗生物質を希釈した。(第1穴を混和後、同一ピペッターで100μLを第2穴に移し、同様に混和した。この操作を第9穴まで行い、最後の100μLは捨てた。第10穴は対象(薬剤不含有培地)となる。)
    次いで、ピペットチップを換え、被検菌(約10 CUF/mL)1~5μL(実習では5μLを加えた)をすべての穴に加えた。まお、被検菌は薬剤濃度の薄い方から加えた(ウエル番号1~10)
    35度で、18~24時間培養した。(実習では室温で一晩培養した)
    結果
    第7穴から沈殿が肉眼的に認められた。つまり、第7穴から菌の発育が陽性だった。MICは菌の発育が肉眼的に認められない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。