薬物治療学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数338
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    胸傷害の病理学の評価は、組織学の分析を確立し、かつ予後に影響を及ぼすと考えられる他の要因の存在か欠如を確認する役目をします。
    これらの非組織学の予後の要因は、腫物抑圧者p53遺伝子に壊死、リンパ液管の侵入、核等級、ホルモン受容体ステー

    タス、増殖のインデックス、変化の癌遺伝子、存在あるいは欠如の異数性、存在あるいは欠如の量および恐らく存在の

    存在あるいは酵素(カテプシンD)、タンパク質および血管新生因子と同様に高い成長因子レベルの欠如を含んでいます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薬物治療学Ⅱ レポート          
    注:調べても意味がわからなかった単語は訳さずにそのまま書いてあります。
    英語が苦手なのでめちゃくちゃな日本語になっていると思います。
    P2230 PATHOLOGYからP2233の上のまとまりまでを訳しました。
    胸傷害の病理学の評価は、組織学の分析を確立し、かつ予後に影響を及ぼすと考えられる他の要因の存在か欠如を確認する役目をします。
    これらの非組織学の予後の要因は、腫物抑圧者p53遺伝子に壊死、リンパ液管の侵入、核等級、ホルモン受容体ステー
    タス、増殖のインデックス、変化の癌遺伝子、存在あるいは欠如の異数性、存在あるいは欠如の量および恐らく存在の
    存在あるいは酵素(カテプシンD)、タンパク質および血管新生因子と同様に高い成長因子レベルの欠如を含んでいます。
    侵略的な癌
    侵襲性の乳癌は傷害の組織学的に異種混合のグループです。
    ほとんどの胸癌は悪性腺腫で、正常な胸の管および小葉への送管小葉状に一致することとしてそれらの微視的な外観に基づいて分類されます。
    様々な組織学のタイプの乳癌は異なる予後を持っています。しかし、治療の試みでの患者が組織学の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。