製薬学科特論・演習?レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数255
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    以前は大学を出たら研究関係の仕事に就きたいと思っていました。勉強があまり好きではないので、院には進学せずに、小さめの会社でもいいから研究ができるところに就職したいと思っていました。
    しかし、大学で学んでいくうちに、新薬の開発はとても怖いことのように感じ始めました。臨床試験や市販後に自分の開発した薬で亡くなってしまったり、副作用に苦しむ人たちがでてくる可能性が、思っていたよりも高いのではないかと考えたのです。
    治験を行ってから販売していますが、治験をする前は動物実験しかしていないのです。動物と人では効果には差があります。動物にしか試していない薬を被験者に用いるということは、有害作用が出る可能性はかなり高くなるはずです。また、私は動物がとても好きなので、動物実験を行いたくありません。動物にもヒトにも全く害を与えずに新薬を開発することはほぼ不可能です。これらのことから、私には新薬の開発は向いていないと思うようになりました。
    次に私は化粧品の研究を仕事にしたいと思うようになりました。しかし、香粧品化学の授業を受け、先生の話を聞くうちにだんだんこの仕事も私には向いていないのではないかと思うようになりました。授業を受けていると、先生の皮膚の一部をとってそれを拡大したものを見たり、日焼け止めの効果を確認するために何時間も日に当たって実験したことなどを聞いたのです。まさか自分の皮膚犠牲にするとは思っていなかったのでかなり驚きました。私は楽しんでできる仕事をしたいのです。苦痛を伴ったり、身体に悪影響を与えると分かっていることをするのでは、楽しんで仕事をすることはできなくなってしまいます。
    これらのことから考えて、もう研究職に就きたいとは思わなくなりました。薬学関係の仕事では他にもMR、薬局薬剤師、病院薬剤師なども考えました。MRはノルマが決まっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    製薬学科特論・演習Ⅱレポート
    『自分の夢を実現したいこと』  
    以前は大学を出たら研究関係の仕事に就きたいと思っていました。勉強があまり好きではないので、院には進学せずに、小さめの会社でもいいから研究ができるところに就職したいと思っていました。
    しかし、大学で学んでいくうちに、新薬の開発はとても怖いことのように感じ始めました。臨床試験や市販後に自分の開発した薬で亡くなってしまったり、副作用に苦しむ人たちがでてくる可能性が、思っていたよりも高いのではないかと考えたのです。
    治験を行ってから販売していますが、治験をする前は動物実験しかしていないのです。動物と人では効果には差があります。動物にしか試していない薬を被験者に用いるということは、有害作用が出る可能性はかなり高くなるはずです。また、私は動物がとても好きなので、動物実験を行いたくありません。動物にもヒトにも全く害を与えずに新薬を開発することはほぼ不可能です。これらのことから、私には新薬の開発は向いていないと思うようになりました。
    次に私は化粧品の研究を仕事にしたいと思うようになりました。しかし、香粧品化学の授業を受け、先生の話を聞くう..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。