日本企業におけるコーポレート・ガバナンス

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,612
ダウンロード数97
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    コーポレート・ガバナンスとは日本語で「企業統治」と訳され、「会社は誰の所有物なのか, 誰のために経営されるのか」といった諸問題をめぐる、具体的には、トップ・マネジメントを中心とする重要な経営上の意思決定の仕組み、株主・経営者・従業員・取引先・債権者などのさまざまな利害関係者間での権限や利害調整の仕組み、経営者に対する監視とチェックの仕組みなどの問題を含んでいる。所有・支配・経営が一体化している企業においては、コーポレート・ガバナンスの問題が顕在化してくる。
    つまり、コーポレート・ガバナンスについては2つの問題が設定されているわけである。
    1つは、「企業はいったい誰のものか」ということと「いったい誰が経営者をチェックするか」ということです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本企業におけるコーポレート・ガバナンス
    1.コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
    コーポレート・ガバナンスとは日本語で「企業統治」と訳され、「会社は誰の所有物なのか, 誰のために経営されるのか」といった諸問題をめぐる、具体的には、トップ・マネジメントを中心とする重要な経営上の意思決定の仕組み、株主・経営者・従業員・取引先・債権者などのさまざまな利害関係者間での権限や利害調整の仕組み、経営者に対する監視とチェックの仕組みなどの問題を含んでいる。所有・支配・経営が一体化している企業においては、コーポレート・ガバナンスの問題が顕在化してくる。
     つまり、コーポレート・ガバナンスについては2つの問題が設定されているわけである。
    1つは、「企業はいったい誰のものか」ということと「いったい誰が経営者をチェックするか」ということです。
    株式会社の目的は企業の健全な発展にあり、出資者である株主に利益を還元することである、と考えられている。ここで企業の資金調達の源泉である株式を所有している人が同時に経営も行っている場合、つまり経営者がオーナー経営者であると、株式を持っているという意味での企業の所有者..

    コメント5件

    liu8216 購入
    日本におけるコーポレート・ガバナンスの特徴はわかりやすく説明してくれました。でも、もうちょっと具体的な例を挙げればもっと充実なるとおもいます
    2005/10/13 18:47 (11年2ヶ月前)

    777kg10 購入
    すばらしい
    2005/10/14 9:19 (11年2ヶ月前)

    yesboss 購入
    すばらしい
    2006/07/13 11:05 (10年5ヶ月前)

    happy28 購入
    わかりやすく、レポートの参考になりました。
    2007/04/18 23:12 (9年8ヶ月前)

    luvluv01 購入
    内容が古いのであまり参考にならない
    2009/08/16 22:14 (7年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。