マクドナルドvsモスバーガー

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数1,413
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マクドナルド、モスバーガー、
    それぞれの創業の経緯と歴史
    第1節 マクドナルドの創業の経緯と歴史
    藤田田は高校時代に父親を亡くす。英文で書かれた父の遺言に従い、お金のかからない東大へ進学する。しかし藤田はその雰囲気に馴染めず、学校にいてもつまらないと感じ始めるようになる。それではいけないと考えた末、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に赴き自分を雇ってくれるように頼んだ。藤田は高校時代にもGHQに接する機会を持ち、「GHQは豊かな物資にあふれている。日本が戦争に負けたのはアメリカの経済力・物量によるものだ。」と確信していた。そして藤田はGHQで下士官の通訳をすることになった。その過程で、否応なくアメリカの文化に触れていったのである。ハンバーガーやコーラといった、当時日本にはなかったアメリカの食文化も、当然目の当たりにしていたに違いない。通訳稼業の傍ら、ユダヤ商人との交流に刺激され、貿易商としての一歩を踏み出すことになる。1950年、藤田が24歳の時に、米軍を相手に雑貨や食料品を卸す仕事を始め、「藤田商店」を立ち上げたのである。
    大学卒業後、クリスチャン・ディオールなどの高級ブランド輸入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。