Dr, Jack Kevorkianについて。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,070
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年、先進諸国の国々では、安楽死や尊厳死の是非が大きな社会問題になっている。その中で現在、国として法律で認めているのはオランダだけである。アメリカ合衆国を見た場合、州によって法律が異なっており、まだ法律で認められていない州がたくさんある。
    ミシガン州在住の Jack Kevorkian 内科医師は、独断で安楽死や尊厳死をおこなったことから、国内はおろか、世界各国で大きな波紋を引きおこした。
    彼は次の様に述べている。「余命わずかな末期患者が、耐え難い苦痛を取り除いて欲しいと私に訴えてくる。それを尊厳死という方法で助けているだけだ」と。しかし、多くの人々は異議を唱え、ミシガン州当局は殺人者と呼んだのである。
    彼が行なった方法とは、問診後に安楽死や尊厳死に値する末期患者が、自らボタンを押せば、自動的に致死量の一酸化炭素や塩化カリウムなどの毒物が投与され、自殺を行なえる自殺機械を開発し、彼に相談した 100人以上もの患者にそれを使用させて自殺をさせた。これは法律的に自殺幇助罪になるとして、国内で大きな議論を巻き起こした。
    彼を批判するミシガン州当局や民衆は殺人医師と呼び、医師の倫理にも反するとして、4件の刑事裁判にかけたが、その4件に関しては様々な理由から無罪となった。しかし彼は1998年9月、患者本人やその家族の同意の下、今までと違い、患者に直接致死量の塩化カリウムを投与し安楽死を行なったのである。そして、患者本人が承諾をし、サインをするところから薬物を投与して死亡するまでの過程をビデオに録画し、それをテレビ局に持ち込み、全国ネットのニュースで放映させたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「 UNIT 7『 Dr, Jack Kevorkian 』について日本語に要約した上で、あなたの考えを述べよ。」
    近年、先進諸国の国々では、安楽死や尊厳死の是非が大きな社会問題になっている。その中で現在、国として法律で認めているのはオランダだけである。アメリカ合衆国を見た場合、州によって法律が異なっており、まだ法律で認められていない州がたくさんある。
    ミシガン州在住の Jack Kevorkian 内科医師は、独断で安楽死や尊厳死をおこなったことから、国内はおろか、世界各国で大きな波紋を引きおこした。
    彼は次の様に述べている。「余命わずかな末期患者が、耐え難い苦痛を取り除いて欲しいと私に訴えてくる。それを尊厳死という方法で助けているだけだ」と。しかし、多くの人々は異議を唱え、ミシガン州当局は殺人者と呼んだのである。
    彼が行なった方法とは、問診後に安楽死や尊厳死に値する末期患者が、自らボタンを押せば、自動的に致死量の一酸化炭素や塩化カリウムなどの毒物が投与され、自殺を行なえる自殺機械を開発し、彼に相談した 100人以上もの患者にそれを使用させて自殺をさせた。これは法律的に自殺幇助罪にな..

    コメント1件

    sakusakuikou 購入
    勉強になりました。
    2006/11/04 2:24 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。