精神的ストレスを受けている人が病気になりやすい理由

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,008
ダウンロード数89
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1、ストレスとは何か。
    「ストレス」という言葉は、1935年にハンス・セリエというカナダの生理学者が用いた。彼は、ストレスを「体外から加えられた要求に対する身体の非特異的な反応」と定義し、反応を引き起こす刺激のことを「ストレッサー」、刺激に対して反応し、歪みを起こした状態のことを「ストレス」と区別をした。しかし最近では、これらを区別せずに単にストレスと言うことが多くなっている。
    WHO(世界保健機構)によれば、「健康とは単に病気ではないという状態ではなく、心身的・精神的・社会的にも完全に良好な状態であること」と定義しているが、現代社会は「ストレス社会」とも言われており、定義通りに健康な人は極少数であると言える。
    2、ストレスと身体反射
    人の体はストレス事態に対して対処(コーピング)をしようとする。まずストレスは、脳内の視床下部という領域を刺激する。その刺激は、自律神経系を介して全身の血管や臓器に伝えられると同時に、副腎髄質系が刺激され、アドレナリン、ノルアドレナリンというホルモンが血液中に分泌される。それらのホルモンが、全身を循環し作用することによって、血圧上昇、心拍増加や血糖上昇などの生体機能の変化が起こるのである。
    これらの反応は急性の反応だが、よりゆっくりとした反応も起こる。それは視床下部の刺激によって、ある種のホルモンが分泌され、それに反応して下垂体前葉から副腎皮質刺激ホルモンが分泌され、さらに副腎皮質ホルモンが分泌されるのである。副腎皮質ホルモンは血流にのって循環し,各器官に到達して機能の変化が起こす。このようなとき、心拍数、筋肉への血液流入量、呼吸数、血圧、代謝などが増加して、戦うか逃げるかに適した状態を体の中に作りあげていくのである。これを「闘争・逃走反応」と呼んでいる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「精神的ストレスを受けている人が病気になりやすい理由を説明しなさい。」
    1、ストレスとは何か。
    「ストレス」という言葉は、1935年にハンス・セリエというカナダの生理学者が用いた。彼は、ストレスを「体外から加えられた要求に対する身体の非特異的な反応」と定義し、反応を引き起こす刺激のことを「ストレッサー」、刺激に対して反応し、歪みを起こした状態のことを「ストレス」と区別をした。しかし最近では、これらを区別せずに単にストレスと言うことが多くなっている。
    WHO(世界保健機構)によれば、「健康とは単に病気ではないという状態ではなく、心身的・精神的・社会的にも完全に良好な状態であること」と定義しているが、現代社会は「ストレス社会」とも言われており、定義通りに健康な人は極少数であると言える。
    2、ストレスと身体反射
    人の体はストレス事態に対して対処(コーピング)をしようとする。まずストレスは、脳内の視床下部という領域を刺激する。その刺激は、自律神経系を介して全身の血管や臓器に伝えられると同時に、副腎髄質系が刺激され、アドレナリン、ノルアドレナリンというホルモンが血液中に分泌される。それらのホルモ..

    コメント3件

    nm0500353 購入
    考えのヒントにもなりましたし、大変役に立つ資料になりました。
    2006/07/02 4:42 (10年5ヶ月前)

    kaochin1122 購入
    大変さんこうになりました
    2006/10/15 22:15 (10年2ヶ月前)

    bld1362 購入
    -
    2006/12/21 14:25 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。