Martin Luther King, Jrについて。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数727
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    そのころの南部では、黒人に対する差別が根強くあり、現在では考えられない黒人隔離法(ジム・クロウ)が存在していた。それはあらゆる公共の場で、白人と黒人を区別する法律である。例えば、白人専用のレストランや喫茶店に黒人は入っていけなかったし、世界的に有名な歌手であるポール・ロブーソ\ンでさえ、ホテルから入店を拒否されたこともあった。また、市バスに乗るときは、白人は前で黒人は後ろに分けられ、満員で白人の居場所がなければ、黒人は席を譲らなければならないといったことがあった。当然このような時代であったため、実際には選挙権もなかった。ある日裁縫婦のローザ・パークがこの政策に反対し、白人に席を譲らなかったため逮捕をされてしまう事件が起きた。この件を知った26歳のキング牧師は、黒人差別撤廃運動(公民権運動)に加わっていったのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「8章『 Martin Luther King, Jr. 』について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べなさい。」
    私は、黒人たちがアメリカへ渡った経緯と、苦しい生活を強いられた時代背景によって、キング牧師(マーチン・ルーサー・キング・ジュニア)が、なぜ生涯を公民権運動に奉げたのかを整理し、その当時あった様々な出来事と彼が理想とした社会や現在のアメリカ黒人たちの現状について述べたいと思う。
    元来アメリカ大陸には、ネイティブ・アメリカン(先住民族)が住んでおり、黒人も白人もいなかった。コロンブスがアメリカ大陸を発見してから、多くのヨーロッパ人がこの大陸に移住をはじめ、開拓をしながら新しい白人国家を築いていったのである。
    アメリカの奴隷制度は1619年ごろから始まり、白人の奴隷商人たちはアフリカ諸国の若者や子供たちを、まるで動物のように略取して奴隷として新大陸へ強制移送をした。特に南部の白人農場主たちは、作物を大量収穫するために労働力が不足していたことから黒人奴隷を買い、初期のころは奴隷たちが子供を増やすことを奨励していた。なぜなら奴隷人口が増えれば収穫も増えて利益がより上がったからで..

    コメント4件

    h05b919d 購入
    要約の方に力が入っていて、自分の考察が少ない気がします。
    2005/11/07 10:02 (11年1ヶ月前)

    genuine1128 購入
    ありがとうございました。
    2006/10/01 4:15 (10年2ヶ月前)

    fantasy 購入
    分かりやすかった。
    2006/12/13 13:34 (10年前)

    r200500488 購入
    それほどでもないかな?
    2007/07/08 21:50 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。