同一指示性における制限について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数541
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート語学言語英語言語学

    代表キーワード

    語学言語学

    資料紹介

    ある談話(discourse)の中で、二つの名詞句が同一のもの・人物・出来事などを指すとき、これら二つの名詞句は互いに同一指示的(coreferential)であるという。同一指示性が関係するのは、代形式(pro-form)、特に人称代名詞である。代名詞は、その名が示唆するように、名刺(正しくは名詞句)の代わりに用いられるものであるがゆえに、まず名詞句が現れて次に代名詞が使用される、つまり、代名詞の先行詞が先行するのが当然である。この用法を前方照応的(anaphoric)または順行(代名詞化)(forward pronominalization)という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ある談話(discourse)の中で、二つの名詞句が同一のもの・人物・出来事などを指すとき、これら二つの名詞句は互いに同一指示的(coreferential)であるという。同一指示性が関係するのは、代形式(pro-form)、特に人称代名詞である。代名詞は、その名が示唆するように、名刺(正しくは名詞句)の代わりに用いられるものであるがゆえに、まず名詞句が現れて次に代名詞が使用される、つまり、代名詞の先行詞が先行するのが当然である。この用法を前方照応的(anaphoric)または順行(代名詞化)(forward pronominalization)という。
    Jack tried to catch the bird. But he couldn’t do it.
    * He thinks that John is a smart. (He≠John)
    The man who hired Nancy will see her tomorrow.
    この用法に関しては特に問題もなく、理解可能である。b.の主語のheがJohnでないこともこのことからわかる。しかし、次の例文ではどうであろうか。
    Al..

    コメント1件

    bef0842 購入
    上手く要点を抑えてまとめられていました。
    もう少し分量があるとよかったように感じました。
    2007/01/14 10:14 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。