whetherとifの書き換えのときにおける問題点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数579
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート英語語学書き換え

    代表キーワード

    英語語学書き換え

    資料紹介

    whetherとifの交換可能性に関しては長年議論されてきたが、いずれにせよ高等教育ではその違いを事細かに学ぶことはなかった。勿論のこと学生たちはwhetherとifは同等だと認識しているだろう。教育機関でよく用いられている参考書に『FOREST』 桐原書店 というものがあるが、それに記載されていることはifが動詞の目的語のときでしか用いることはできないとしかない。それは確かに正しいが、whetherに関する説明があまりに簡潔にしすぎるためにwhetherの本質を捉えられない現象が起こりうる。ここではwhetherとifの交換可能性についてはもちろんのこと、ある参考書に記載されていることに関して述べていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     whetherとifの交換可能性に関しては長年議論されてきたが、いずれにせよ高等教育ではその違いを事細かに学ぶことはなかった。勿論のこと学生たちはwhetherとifは同等だと認識しているだろう。教育機関でよく用いられている参考書に『FOREST』 桐原書店 というものがあるが、それに記載されていることはifが動詞の目的語のときでしか用いることはできないとしかない。それは確かに正しいが、whetherに関する説明があまりに簡潔にしすぎるためにwhetherの本質を捉えられない現象が起こりうる。ここではwhetherとifの交換可能性についてはもちろんのこと、ある参考書に記載されていることに関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。