チャペルレポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,203
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    そのあと、牧師が聖書のコリントの使徒の手紙二、六章一、二節331ページを朗読。“わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。なぜなら、「恵みのときに、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた」と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日。”という内容の説だった、朗読をして説明があったけれども、自分には何が言いたかったのかはよくわからなかった。強いて言えば“救いの日”というところを強調したかったのは唯一わかったと思う。なぜならばそのあと“救いの日”と“救いの時”という言葉を何度も繰り返し言っていたからである。
    そして、メッセージに入って何故かいきなり日本のプロ野球の話でパリーグとセリーグがあると言いだした、ただ牧師は、あまり野球は知らないとも言った。そのとき自分は自分が知らないことを人に説明するのは無理では?またこの年代の人で野球を知らないて、いったい子供のころはいったいどんなことをしていたのだろうかと少しだけ疑問に思った。それで話を出したけれども特に何も語ることはなく、牧師が聞いた約40年前、東京ドームでのビリーグラハムが話した、アメリカのメジャーリーグの話を始めた。その内容というのはナショナルリーグとアメリカンリーグの優勝チームとでやるワールドシリーズの話であった、またそのチーム名は、1つはジャイアンツであるというのは聞き取れたがもう1つのチーム名は聞き取ることができなかった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三回チャペルレポート
    今回の礼拝は、いつもどおり六割ぐらい席が埋まったような状態であった。最初に賛美歌の262番を牧師の人が歌った、いくらよく聞いても学生で歌っている人はいるようには聞こえなかった。この状況では歌える人も歌うのは難しい出だろうと思う。
    そのあと、牧師が聖書のコリントの使徒の手紙二、六章一、二節331ページを朗読。“わたしたちはまた、神の協力者としてあなたがたに勧めます。神からいただいた恵みを無駄にしてはいけません。なぜなら、「恵みのときに、わたしはあなたの願いを聞き入れた。救いの日に、わたしはあなたを助けた」と神は言っておられるからです。今や、恵みの時、今こそ、救いの日。”と..

    コメント3件

    ookamiyuu 購入
    とても興味深い内容で引き込まれた
    2006/06/19 7:15 (10年6ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 9:11 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 4:55 (10年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。