一般サービスと福祉サービスの相違点

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数850
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     近年、社会福祉の国際的な大きな流れとしては、社会福祉による生活支援が「限定された人々への特別な配慮」ではなく、「すべての人々がいつまでも利用できる一般的な施策」に移り変わってきている。また、日本でも1990年代から現在まで社会福祉の組織、方法、財源、それに関する法律などについて大きな変更が行われている。1990年代から今日まで継続して取り組まれている社会福祉の改革では、利用者主体の社会福祉システムの構築が目標とされている。利用者主体の社会福祉システムを構築するためには?社会福祉サービスの供給基盤の拡大、?サービス提供者と利用者の対等な関係の確立、?サービスの担い手の専門職化、?地域福祉の振興が必要であり、それらを促進するための政策、運営、実践方法の転換と充実がはかられている。こうした流れを受けて、保育所入所や介護保険によるサービスを受ける時などは従来の「措置」ではなく、利用者がサービスを選択して「契約」することになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    一般のサービスと福祉サービスの相違点
     近年、社会福祉の国際的な大きな流れとしては、社会福祉による生活支援が「限定された人々への特別な配慮」ではなく、「すべての人々がいつまでも利用できる一般的な施策」に移り変わってきている。また、日本でも1990年代から現在まで社会福祉の組織、方法、財源、それに関する法律などについて大きな変更が行われている。1990年代から今日まで継続して取り組まれている社会福祉の改革では、利用者主体の社会福祉システムの構築が目標とされている。利用者主体の社会福祉システムを構築するためには①社会福祉サービスの供給基盤の拡大、②サービス提供者と利用者の対等な関係の確立、③サービスの担い手の専門職化、④地域福祉の振興が必要であり、それらを促進するための政策、運営、実践方法の転換と充実がはかられている。こうした流れを受けて、保育所入所や介護保険によるサービスを受ける時などは従来の「措置」ではなく、利用者がサービスを選択して「契約」することになった。そこで今回のレポートでは、契約制度の進展を受けて、現在の社会福祉サービスと一般サービス業のサービスとの異なる点を、それぞれの特徴..

    コメント3件

    tanaraku 購入
    ちょっと短すぎるかと
    2006/01/10 1:47 (10年11ヶ月前)

    kibphcks 購入
    短い
    2006/07/06 21:39 (10年5ヶ月前)

    mana1115 購入
    短すぎ
    2007/01/30 6:48 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。