ニトロベンゼン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,898
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ベンゼンからアセトアニリドを合成するため、まずベンゼンからニトロベンゼンを作り、どういった反応がおきているのか理解する。

    *ベンゼンは硝酸と硫酸によりニトロ化される。
       
     このとき硫酸はニトロニウムイオンの生成を促進させる。
          HONO2+2H2SO4 ⇔ NO2+ + H3O+ +2HSO4−

     操作?~?より、最初の発熱反応は14分間だった。14分たって温度が54℃以上にならなかったため、湯浴に17分間入れた。操作?〜?の結果は図1のようになった。また、操作?では75.0℃でベンゼンの前留分を採取し、78.3℃でベンゼンの主留分を採取した。この後、主留分が出なくなったので、湯浴から砂浴に変えた。99.8℃で水を採取し、203.6℃でニトロベンゼンを14.3g採取した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.実験題目  ニトロベンゼン
      実験日  2001.11.6 (気温 18.9℃ 天候 曇り) 抽出
             11.13 (気温 18.2℃ 天候 曇り)  蒸留
      
    2.目的
       ベンゼンからアセトアニリドを合成するため、まずベンゼンからニトロベンゼンを作り、どういった反応がおきているのか理解する。
    ベンゼンは硝酸と硫酸によりニトロ化される。
       
     このとき硫酸はニトロニウムイオンの生成を促進させる。
          HONO2+2H2SO4 ⇔ NO2+ + H3O+ +2HSO4-
    3.実験方法
       器具:丸底フラスコ(200ml)、アルコール(100℃)温度計、分液..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。