血栓性微小血管症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,415
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【血栓性微小血管症】
    全身の細小血管内に血栓形成を呈する病態を総称して血栓性微小血管症とよび,血栓性血小板減少性紫斑病(TTP),溶血性尿毒症症候群(HUS),播種性血管内凝固症候群(DIC)の3疾患群を含む.HUSが頻繁に見られる原因としては,毒素産生性の腸管出血性大腸菌(O-157など)感染によることが多いためである.発生機序としては,毒素による内皮細胞障害により,血小板の粘着,フィブリンなどの沈着IIより血栓形成が惹起される.近年,血小板凝集の調節をしている血漿von Willbrand因子切断酵素の発見や,

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【血栓性微小血管症】
     全身の細小血管内に血栓形成を呈する病態を総称して血栓性微小血管症とよび,血栓性血小板減少性紫斑病(TTP),溶血性尿毒症症候群(HUS),播種性血管内凝固症候群(DIC)の3疾患群を含む.HUSが頻繁に見られる原因としては,毒素産生性の腸管出血性大腸菌(O-157など)感染によることが多いためである.発生機序としては,毒素による内皮細胞障害により,血小板の粘着,フィブリンなどの沈着IIより血栓形成が惹起される.近年,血小板凝集の調節をしている血漿von Willbrand因子切断酵素の発見や,自己抗体の発見に伴い,TTPの原因として着目されているが,HUSでの出現率は低..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。