ピジンとクレオール−今福龍太をもとに

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数533
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今福氏著『クレオール主義』の一部「?、浮遊する言葉とアイデンティティ」に関して、まず整理を試みたいと思う。私が社会学において勉強不足であるからであろうか、「ピジン、クレオール」という単語を今回初めて知ることとなった。共有する言語を持たない複数の集団が公益などの目的で接触を定期的に行う際に相互のコミュニケーションが必要になってくるのだが、その時に言語が新しく生成されるというのである。複数の集団とは具体的に言えば、例えばキューバでは権力階級の白人と労働者や奴隷として連行されたアフリカ黒人や中国人らが、それぞれ異なる言語集団ということになる。ここで、黒人奴隷や中国人労働者が、被層集団である白人の言語すなわち英語やフランス語を学習すると、一方向的に考えたとき、それは帝国主義的な思考パターンになるのであろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2002年度 社会学特殊講義 書評レポート第2回 
    文献番号10「クレオール性」に関して   
     今福氏著『クレオール主義』の一部「Ⅹ、浮遊する言葉とアイデンティティ」に関して、まず整理を試みたいと思う。私が社会学において勉強不足であるからであろうか、「ピジン、クレオール」という単語を今回初めて知ることとなった。共有する言語を持たない複数の集団が公益などの目的で接触を定期的に行う際に相互のコミュニケーションが必要になってくるのだが、その時に言語が新しく生成されるというのである。複数の集団とは具体的に言えば、例えばキューバでは権力階級の白人と労働者や奴隷として連行されたアフリカ黒人や中国人らが、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。