「教育学概論Ⅰ」第2分冊

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数226
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年度の課題、評価Aのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育とは、新しい世代の人間と社会を形成していくことである。また教育の歴史とは、新しい世代と古い世代の人間や社会が対決する過程において営まれてきた、人間の発展の歴史と言える。よって、教育の本質を知るためには、教育思想の歴史を学ぶことが必要不可欠となってくる。教育思想の歴史的考察をすることによって、過去に遡り、過去との出会いを通して今日の問題をよりよく理解し、過去を現代に役立てようとすることが重要である。
     教育思想は、常に教育の事実や制度と密接に関連し合って展開されてきた。思想の持つ歴史的な意義も、その前後の教育的事実との関連において捉えられるため、教育思想を研究する上で、思想そのものを孤立化させてはならない。事実と思想とを明確に関連づけて捉え、事実を通してその根底にある思想を見通すことが大切である。
     若い世代をどのような人間に教育するかということは、彼らの生きる社会とその社会の文化に関連した問題と言える。教育の思想は、専ら被教育者である若い世代の「善き生き方」を問うものであり、その時代や社会の人間観から生まれる。また、教育とは未来への変革を志すものである。どのような社会を望ましい社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。