「教育学概論Ⅰ」第1分冊

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数346
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2011年の課題、評価Aのレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:教育哲学の立場について説明しなさい。
     教育哲学とは、教育に関してどのような立場をとる学問であろうか。まず、この学問のこれまでの思想内容を明確にすることによって、教育哲学の立場を捉えていきたい。
    教育哲学は、大きく分類して理想主義的教育哲学、人文主義的教育哲学、自然主義的教育哲学の3つに分けることができる。まず、理想主義的教育哲学は、社会や人間に関する普遍的理想を教育の目的として設定する立場である。次に、人文主義的教育哲学は、世界と人間との根本的調和と個性の完成を教育の目的としている。さらに、自然主義的教育哲学は、人間が現実的環境に適応し支配していくことを重視し、そのために必要な知識や技術、取るべき態度や行動の様式を養成することを教育の目的としている。以上の三者の立場は、教育が成立し得る世界観や人間観を究明するという点において共通している。
     次に、教育哲学と哲学の関係について検討してみよう。教育哲学は哲学の一分野、あるいは一部門といえるだろうか。もしそのように考えるならば、教育哲学は哲学によって指導され規定されるものであって、特定の哲学の人間観や世界観によって教育の内容が決定さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。