「風景」と「景観」の違い

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数869
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境景観風景

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    (2,013字)
    「風景」と「景観」。これらは似たような言葉ではあるが、その使い方やニュアンスは少し違うようだ。私が事前に何も調べたり考えたりせずに、ただ感じたイメージだけで言えば、次のような印象がある。「風景」とは山や川、草原や海などの自然の眺めであり、「景観」とは整然とした都会のビル群の眺めを思い起こさせるのだ。しかしこれはあくまでも、私が今まで22年間の人生で自分なりに使ってきた言葉の個人的なイメージである。
    それでは、調べたことや自分で考えたことをまとめて、この2つの言葉の違いについて論じていこうと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「風景」と「景観」の違い
    「風景」と「景観」。これらは似たような言葉ではあるが、その使い方やニュアンスは少し違うようだ。私が事前に何も調べたり考えたりせずに、ただ感じたイメージだけで言えば、次のような印象がある。「風景」とは山や川、草原や海などの自然の眺めであり、「景観」とは整然とした都会のビル群の眺めを思い起こさせるのだ。しかしこれはあくまでも、私が今まで22年間の人生で自分なりに使ってきた言葉の個人的なイメージである。
    それでは、調べたことや自分で考えたことをまとめて、この2つの言葉の違いについて論じていこうと思う。まず、これらを辞書で調べてみると、次のように記載されている。
    風景【ふうけい】
    けしき。風光。
    その場の情景。
    風姿。風采。人の様子。
    景観【けいかん】
    風景外観。けしき。ながめ。また、その美しさ。
    自然と人間界のこととが入りまじっている現実のさま。
    私は「風景」の②、情景という言葉に注目してみた。情景とは、“情”という漢字を含んでいることからも想像できる通り、人間の目に映ったありさま、つまり人間の感情的な部分も含めたその場の景色のことである。情景という意味合いでの「風..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。