キリスト教と女性の役割

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数784
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (3,991字)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キリスト教における女性の役割
     キリスト教の定義を一言で表すのは難しいが、どのような宗教をキリスト教と呼ぶのかを単純に考えた場合、分かりやすい特徴が3つある。「
    イエス・キリストを救世主とする宗教
    聖書を経典とする宗教
    教会を尊重する宗教
    しかし、これらの三本柱は同時に立てられたものではなく、それぞれに歴史的順序があった。まずイエス・キリストという存在が生まれ、彼は独特の教えを唱える。キリスト自身は若くして亡くなってしまったため本人の活動期間は短いが、その教えはキリストの弟子たちによって証言され、彼らを核とした集団が生まれる。この信仰集団がエルサレムを中心に発展し、初代教会となった。そして弟子たちの記憶と口伝に基づいて文書が作られ、キリストの教えは後世に伝わっていくこととなる。これらの諸文書がのちに教会によってまとめられた経典が、今日、聖書と呼ばれるものである。
     このレポートでは、初代キリスト教会だけでなく古代ギリシア・ローマ時代からの女性の役割に焦点を当てて、キリスト教を紐解いていきたいと思う。女性の宗教的役割は、古代からどのように変化していったのだろうか。そして初代教会内では、女..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。