虐待について考える

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数672
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    虐待が社会問題としてクローズアップされはじめた時期、兄が会話の中で「昔うちの親が俺たちにやってたことって今考えると虐待だよな」と冗談交じりで私に言った事があります。というのは私の母親は子どもを叱ると食事を抜くことがあり、またはなはだしい時は口をまったくきかなくなることがあったためです。彼はそれ以前に新聞やTVで「食事を与えない」や「ネグレクト」といった行為が虐待であると知っており、そうしたことを受けこの発言が出たものと思われます。もちろんこの会話は一種の冗談ですが、私はその一連の会話の中で思い至ることがありました。
    「以前は虐待と認識されていなかった事象が現在では虐待というカテゴリーで判断されている」、と、「児童相談所の相談処理件数でも93年の1611件から昨年の26573件とこの増加率は異常ともいえるべき数字だ。これは重大な社会問題であると同時に、即急に解決しなければならない問題である、おそらく児童相談所に対しての相談件数が増加した背景には虐待という問題が最近急速にクローズアップされたことによるのでしょう。恐らくみなさんの多くは虐待が最近に特有の現象であると考えている方が多いのではないでしょうか。確かに虐待は大きな社会問題になりつつありますが、しかし昔も虐待がなかったわけではないでしょう。統計的なデータは示せませんが、いや示せないからこそ以下に述べる主張が有効だと思うわけですが、恐らく虐待というのは子どもを持つ世帯数に対して一定の割合で生じるものだと思われます。特に戦前以前の農村部では厳しいしつけ(体罰含む)や養育放棄に近い現象も散見され、恐らくこうした事例は現在的価値観からすれば『虐待』になるのではないのでしょうか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    虐待について考える
    虐待が社会問題としてクローズアップされはじめた時期、兄が会話の中で「昔うちの親が俺たちにやってたことって今考えると虐待だよな」と冗談交じりで私に言った事があります。というのは私の母親は子どもを叱ると食事を抜くことがあり、またはなはだしい時は口をまったくきかなくなることがあったためです。彼はそれ以前に新聞やTVで「食事を与えない」や「ネグレクト」といった行為が虐待であると知っており、そうしたことを受けこの発言が出たものと思われます。もちろんこの会話は一種の冗談ですが、私はその一連の会話の中で思い至ることがありました。
    「以前は虐待と認識されていなかった事象が現在では虐待という..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。