教育・青年心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,332
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    →古典的条件付けとは、「パブロフの犬」に見られる学習性の条件反射のことである。
     本来、食物(無条件刺激)を口に入れると唾液が分泌される(無条件反射)が、このとき食物を運んでくる人の足音(中性刺激)を同時に聞く。これを繰り返し行うことで、足音を聞くと「食物が運ばれてくる」と認識するため、唾液分泌が盛んになるようになる。この場合、実際食物とは関係のない「音」が条件刺激となり、条件反射として唾液が分泌されるのである。
     そのほかの例としては、私たちは「レモン」「梅干」のような言葉を聞くと、実際に食べたわけでもないのに「すっぱい」と感じることもこの古典的条件付けに由来する。レモンや梅干がすっぱいという事実をこれまでの経験により学習している私たちは、単なる言葉が条件刺激となり、条件反射としてすっぱいと感じる。
     このように古典的条件付けの発現機構は、もともと意味のない刺激が学習により条件刺激に変化することによる。
     オペラント条件付けとは、ひとつの行動を強化することである。ケージに入れられた動物に対して、ケージについているバーに触れると餌が与えられるということを学習させる。動物はいろいろな行動のうち、餌が与えられる行動が何によるものだったのか繰り返していくうちに学習する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育・青年心理学 
    母と子の絆の確立に影響を及ぼす学習理論の内、古典的条件づけかオペラント条件づけの概略を説明し、それと imprinting(刻印づけ)との違いを述べなさい。
    →古典的条件付けとは、「パブロフの犬」に見られる学習性の条件反射のことである。
     本来、食物(無条件刺激)を口に入れると唾液が分泌される(無条件反射)が、このとき食物を運んでくる人の足音(中性刺激)を同時に聞く。これを繰り返し行うことで、足音を聞くと「食物が運ばれてくる」と認識するため、唾液分泌が盛んになるようになる。この場合、実際食物とは関係のない「音」が条件刺激となり、条件反射として唾液が分泌されるのである。
     そのほかの例としては、私たちは「レモン」「梅干」のような言葉を聞くと、実際に食べたわけでもないのに「すっぱい」と感じることもこの古典的条件付けに由来する。レモンや梅干がすっぱいという事実をこれまでの経験により学習している私たちは、単なる言葉が条件刺激となり、条件反射としてすっぱいと感じる。
     このように古典的条件付けの発現機構は、もともと意味のない刺激が学習により条件刺激に変化することによる。
     オ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。