チャンドル婦人と牧師補

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数306
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    “I’ve found a real friend at last.”「ついに私は、本当の友達を見つけた」― この言葉は、私に深い印象を与えた。ストーリーの結末のもの悲しさをより際立たせている上に、チャンドル婦人と牧師補の、一生の決別を暗に意味しているようにも感じる。
     私は、このストーリーの、チャンドル婦人と牧師補の、つながりが深まっていき、そして離れていってしまった過程を、二人の心の動きに重点を置いて追ってみたいと思う。また、表現や描写の注目すべき点についても、取り上げてみたいと思う。
     まず初めに、初めて牧師補がチャンドル婦人の家に訪れた時、チャンドル婦人は決して牧師補と一緒に、食事をしようとはしなかった。”I don’t want to eat with my betters not I. And she eat apart.” この言葉は、端的に二人の間に距離があることを示しているように感じる。これはチャンドル婦人の、目上の人に対する、恐れ多さゆえの距離でもあるように感じるし、人間に対して、あまり信用を置いていない彼女の気質でもあるように感じる。
     そして、嘘をついたチャンドル婦人を正しい道へと伝導しなくてはならない、と思った牧師補は、「大股」で彼女の家に進んで行った。この部分は、牧師補がチャンドル婦人に会うことを楽しみにしていることも受け取ることができると思う。
    また、チャンドル婦人は、「つまずきそうになりながら教会へ行くことに何の利益があるのか」ということについて問い正していることからもわかるように、この段階でのチャンドル婦人は、教会へ行く価値について、理解できていないのだ。
    教会に行かない理由として、耳が遠いということがわかった牧師補は、最善の努力をしようとする。最後にとうとう牧師補の努力の甲斐あって、「朝顔型の伝声管」で見事に説教を聞くことができた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    チャンドル婦人と牧師補
     
    “I’ve found a real friend at last.”「ついに私は、本当の友達を見つけた」― この言葉は、私に深い印象を与えた。ストーリーの結末のもの悲しさをより際立たせている上に、チャンドル婦人と牧師補の、一生の決別を暗に意味しているようにも感じる。
     私は、このストーリーの、チャンドル婦人と牧師補の、つながりが深まっていき、そして離れていってしまった過程を、二人の心の動きに重点を置いて追ってみたいと思う。また、表現や描写の注目すべき点についても、取り上げてみたいと思う。
     まず初めに、初めて牧師補がチャンドル婦人の家に訪れた時、チャンドル婦人は決して牧師補と一緒に、食事をしようとはしなかった。”I don’t want to eat with my betters not I. And she eat apart.” この言葉は、端的に二人の間に距離があることを示しているように感じる。これはチャンドル婦人の、目上の人に対する、恐れ多さゆえの距離でもあるように感じるし、人間に対して、あまり信用を置いていない彼女の気質でもあるように感じる。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。