太極拳について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数663
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    はじめに
     私はこの講義で、張成忠先生が来られた時に、張先生が披露して下さった太極拳を見て、非常に感銘を受けました。私の母も、太極拳を知人から教わり始めて数年経ちますし、去年の夏に私がアメリカに留学した時も、ホストマザーが太極拳教室に週に2回くらいの割合で通っていました。もともと私の周りでは、太極拳をやっている人がいたため、興味はあったのですが、この張先生の講義で、ますますその思いは強くなりました。太極拳は、見ているだけでもとても素晴らしいし、さらにとても体によいということです。しかし太極拳の詳しいことは知らないので、今回この機会に調べてみようと思いました。

    太極拳とは
     足の裏からの神経を途切れさせないで、腰、背骨を通り指先に伝えるとき、心と体が一体化される。この時、足の裏から指先にいたる神経と一体化された力が働く。この働きを「勁」という。この「勁」を働かせながら動くのが太極拳である。余分な力を用いると、この一体化が壊れる。余分な力を抜き、手に目や耳をつけて手の神経を使って周りを見たり聴いたりする。心の目や耳で周りの「勁」を感じるのである。この「勁」の運用を学ぶのが太極拳である。また、神経を動かすものは意識、すなわち心である。呼吸法においても、この「勁」を用いて行う。頭のてっぺん、眉間、手のひら、足の裏から息を吸い込んでみると、宇宙のエネルギーを吸い込むことができる。この吸い込んだ宇宙のエネルギーを丹田に溜め込むように息を吐く。

    太極拳の特徴
     太極拳の最大の特徴は、弱者が強者と共存するにはどうすればよいか、ということが盛り込まれていることである。弱者と強者は表裏一体となり、太極を構成する。弱者が強者と共存するために、太極拳は密着戦法をとる。離れたり、逃げたりしたら強者と共存できない。だからといって近づきすぎてもいけない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    太極拳について
    はじめに
     私はこの講義で、張成忠先生が来られた時に、張先生が披露して下さった太極拳を見て、非常に感銘を受けました。私の母も、太極拳を知人から教わり始めて数年経ちますし、去年の夏に私がアメリカに留学した時も、ホストマザーが太極拳教室に週に2回くらいの割合で通っていました。もともと私の周りでは、太極拳をやっている人がいたため、興味はあったのですが、この張先生の講義で、ますますその思いは強くなりました。太極拳は、見ているだけでもとても素晴らしいし、さらにとても体によいということです。しかし太極拳の詳しいことは知らないので、今回この機会に調べてみようと思いました。
    太極拳とは
     足の裏からの神経を途切れさせないで、腰、背骨を通り指先に伝えるとき、心と体が一体化される。この時、足の裏から指先にいたる神経と一体化された力が働く。この働きを「勁」という。この「勁」を働かせながら動くのが太極拳である。余分な力を用いると、この一体化が壊れる。余分な力を抜き、手に目や耳をつけて手の神経を使って周りを見たり聴いたりする。心の目や耳で周りの「勁」を感じるのである。この「勁」の運用を学ぶのが太..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。