「心に残る!この店、この人」の事例を読み、授業の成果と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数370
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     国語科において「話すこと・聞くこと」の内容から伝え合う力の育成が大きな課題となっている。豊かな人間関係づくりの上からも、伝え合う力の育成は重要な課題といえる。伝え合う力とは、適切に表現する能力と正確に理解する能力とを基盤に、人と人との関係の中で互いの考え方の違いや立場を尊重しながら、言葉によって伝え合う力のことである。人と人とが理解を深め合って豊かな人間関係を築き、社会生活を向上させていくことは、激しく変化する社会に生きていく上で大切な能力となる。伝え合う力を考えるとき、「話すこと・聞くこと」の領域、コミュニケーション能力を高めることが大変重要である。
     「話すこと・聞くこと」の授業は、これまでの体験、経験、生活の中から、一人一人が大切に持ってきた思いをどのように分かりやすく表現するか、それを聞く立場になったときは、どれだけまっすぐ受け止めるか、共感したり、驚いたり、違いを感じたりしたことをうまく相手に伝えられるかということをねらいとしている。互いを認め、尊重し合う姿勢がなければ成立し得ず、さらに、個々の思いを自分たちの思いとしてたばねて、新しい自己表現をつくっていこうとするものである。
     教師の「私のお店」の紹介から、自分ならどのお店を紹介したいかを考え、学習の見通しを持つ。児童なりの目の高さで、そのお店の良さに気づき、そして考える。店構え、モノ、働く人、そこを利用する人、自分とそのお店との思い出、エピソードなど、見つけたことを紹介していく。これらの観点に関わって多くの思いが持てるほど、自分にとってのお気に入りだと考えられるし、興味を持って話すことができる。
     実際に、お店に出かけ取材をし、それを元に整理して発表となる。あらかじめ完全な原稿を用意してしまうのではなく、話そうとする内容の簡単なメモを見ながら話す。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「テキスト「第2章 話すこと・聞くこと「心に残る!この店、この人」の事例を熟読し、この授業の成果と課題について具体例を述べなさい。」
    国語科において「話すこと・聞くこと」の内容から伝え合う力の育成が大きな課題となっている。豊かな人間関係づくりの上からも、伝え合う力の育成は重要な課題といえる。伝え合う力とは、適切に表現する能力と正確に理解する能力とを基盤に、人と人との関係の中で互いの考え方の違いや立場を尊重しながら、言葉によって伝え合う力のことである。人と人とが理解を深め合って豊かな人間関係を築き、社会生活を向上させていくことは、激しく変化する社会に生きていく上で大切な能力となる。伝え合う力を考..

    コメント5件

    masashi0402 購入
    とても参考になりました。ありがとうございました。
    2006/06/07 19:48 (10年6ヶ月前)

    kannansige 購入
    大変参考になりました。
    2006/06/28 16:18 (10年5ヶ月前)

    jamesdean 購入
    参考になりました。
    2006/08/02 8:00 (10年4ヶ月前)

    lka9i3ak 購入
    参考になりました。
    2006/08/20 3:18 (10年3ヶ月前)

    ibuki80204 購入
    参考になりました
    2007/02/07 18:11 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。