ZOFFのマーケティング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,354
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ZOFFは「メガネ業界のユニクロ」とも呼ばれ、今までではありえない格安で、それでいてファッショナブルさを兼ね備えた眼鏡を販売し、成功を収めた。それに伴い、他社でも格安の波が訪れ、今では値段の安さだけでは勝負できない状況になってきた。もちろん、先駆者であるZOFFのシェアははるかに上であるが、今後どうなるかは分からない。まずは、元となる眼鏡業界の現状から述べて生きたいと思う。
    この図を見ていただくと分かるように、17歳になると、5割以上の人たちが1,0以下の視力になっている。確かに、私の大学生の友人たちを見渡しても、半数以上の人たちが眼鏡ないしはコンタクトレンズを使用しているのが目に取れる。ここから分かるように、眼鏡に対する需要は非常に高いものであるということである。では、この業界で生き抜いていくためには何が必要か。それは競合他社との差別化である。すでにZOFFは、低価格、ファッション性という面で差別化を行っているが、これから先他社も同様の戦略を練ってくると考えられるので、新たなマーケティングプランを考える必要がある。そこで、新たなマーケティングプランを構築するため、SWOT分析を行ってみた。これにより、よりZOFFの特徴を生かしたマーケティングプランを作成することが可能となるだろう。
    まずStrength、つまり強みであるがこれはZOFFの最大の特徴でもある低価格でファッション性の高い商品を作り出しているということである。この低価格を可能にしたのが、中国からのフレーム、韓国からのレンズの調達である。眼鏡光学出版の加藤嘉正編集部次長は、「中国製フレームは一本300円〜500円。なかには100円というものまであります。日本製品や欧米製品とは比べものにならないほど安い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ZOFFのマーケティングについて
     ZOFFは「メガネ業界のユニクロ」とも呼ばれ、今までではありえない格安で、それでいてファッショナブルさを兼ね備えた眼鏡を販売し、成功を収めた。それに伴い、他社でも格安の波が訪れ、今では値段の安さだけでは勝負できない状況になってきた。もちろん、先駆者であるZOFFのシェアははるかに上であるが、今後どうなるかは分からない。まずは、元となる眼鏡業界の現状から述べて生きたいと思う。
    この図を見ていただくと分かるように、17歳になると、5割以上の人たちが1,0以下の視力になっている。確かに、私の大学生の友人たちを見渡しても、半数以上の人たちが眼鏡ないしはコンタクトレンズを使用しているのが目に取れる。ここから分かるように、眼鏡に対する需要は非常に高いものであるということである。では、この業界で生き抜いていくためには何が必要か。それは競合他社との差別化である。すでにZOFFは、低価格、ファッション性という面で差別化を行っているが、これから先他社も同様の戦略を練ってくると考えられるので、新たなマーケティングプランを考える必要がある。そこで、新たなマーケティングプラン..

    コメント2件

    chie_v_v_mi 購入
    図表などを用いてわかりやすく、また話題のネタなどをもりこんでいて、とてもひきつけられる内容でした。
    2007/01/24 2:13 (9年10ヶ月前)

    hiro0127 購入
    かなり良いです。おすすめです。
    2007/07/19 0:23 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。