市場介入の視点から

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数474
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本の国際収支や当局による市場介入、ひいては米国財政健全化の重要性とそれに深くかかわる米国の国際収支の問題について考察したい。国際経済の安定の鍵を握るのはやはり米国であり、その米国のドルに対して、日本の政府による市場介入が及ぼす影響などを考えることは重要である。また、経済大国である日米がその国際収支を安定させることが国際経済に与える影響は大きい。とりわけ米国の国際収支の不安定、つまり経常赤字は中長期的にかなりの危険要素を含んでいる。それはどういったものなのかも考えてみたい。
    そもそも国際収支とは一国の対外取引の集計、すなわち外国為替取引の集計のことである。また為替取引とは、自国通貨と外貨との取引である。為替取引に関しても需要と供給による価格の決定という市場原理が適用され、その交換比率が流動的に決定される。その需給が均衡していれば問題はないのであるが、実際には常に均衡状態にあるわけではなく、それが不均衡な状態におちいれば、自国通貨の上昇や下落という現象を見ることとなるし、その変動が急激である場合には、経済社会の混乱を見るのである。すなわち、国際収支が黒字になれば外貨の供給過剰となり、為替相場での自国通貨の上昇現象となってあらわれる。これは輸入業者には歓迎されても、輸出業者にとっては苦痛を強いるものとなる。むろん国際収支が赤字になった場合には、その逆のことが言えるのであり、どちらにしても利益を受け、損失を被る者が生じることとなる。このような状態をよしとせず、自国通貨の安定を望むのであれば、何らかの方法で国際収支の管理が必要になる。この国際収支管理を通して自国通貨の安定を図るために政府が市場に介入するのが市場介入といい、政府は必要に応じてドル買いやドル売りを行う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日米の国際収支比較 ~市場介入の視点から~
    日本の国際収支や当局による市場介入、ひいては米国財政健全化の重要性とそれに深くかかわる米国の国際収支の問題について考察したい。国際経済の安定の鍵を握るのはやはり米国であり、その米国のドルに対して、日本の政府による市場介入が及ぼす影響などを考えることは重要である。また、経済大国である日米がその国際収支を安定させることが国際経済に与える影響は大きい。とりわけ米国の国際収支の不安定、つまり経常赤字は中長期的にかなりの危険要素を含んでいる。それはどういったものなのかも考えてみたい。
    そもそも国際収支とは一国の対外取引の集計、すなわち外国為替取引の集計のことである。また為替取引とは、自国通貨と外貨との取引である。為替取引に関しても需要と供給による価格の決定という市場原理が適用され、その交換比率が流動的に決定される。その需給が均衡していれば問題はないのであるが、実際には常に均衡状態にあるわけではなく、それが不均衡な状態におちいれば、自国通貨の上昇や下落という現象を見ることとなるし、その変動が急激である場合には、経済社会の混乱を見るのである。すなわち、国際..

    コメント2件

    ryoryousuke 購入
    適切な意見だと思います
    2006/07/10 2:14 (10年5ヶ月前)

    showwww 購入
    適切な意見です。
    2006/09/23 17:05 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。