日本が農産物輸入国に欧米諸国が農産物輸出国になった理由を比較生産費説から説明せよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数392
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    比較生産費説から日本が農産物輸入国に欧米諸国が農産物輸出国になった理由を説明せよ。
    日本が農産物輸入国に、ヨーロッパ・アメリカといった欧米諸国が農産物輸出国になった理由を比較生産費説から考えてみる。
    まず比較生産費説とはイギリスの経済学者のリカードが提唱した理論である。これはある二国間で貿易がおこなわれている場合、両国の生産費を比較し、比較優位のある商品を生産することに特化することによって、両国ともに利益を得ることができるという理論である。両国がそれぞれある商品の生産に特化して貿易をすることで、貿易がない場合に比べて総労働量が同じでも総生産量は増加する。つまり、生産費に違いがある場合はそれぞれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。