ストレスマネジメントについて

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,515
ダウンロード数37
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    また近年では、ストレスと社会の関係性は精神医学、社会心理学分野で注目され、研究が重ねられていた。精神医学では、特に近年のビジネスマンの高いストレス状況に対し「メンタルヘルスケア」の充実の一環として、企業内に精神科の医師を置く産業医対策とその普及に力を入れ始めている。この動きは特に、若手精神科ドクターなどの間で関心度が高く、産業医研修に積極的な参加を示している。
     もちろん、精神科医等にかかる前にストレスをうまく対処しておくことに越した事はない。 
    最近ではストレスマネジメントという考え方が出てきたのである。ストレスマネジメントとはストレス成立を阻止する対応策を意味する。方策として、生活上のストレッサーを取り除くこと、認知的評価に介入することによりストレス耐性を高め、有効な対処行動をとること、ストレス反応を直接的に軽減することが考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     
     今の世の中、とかくストレス社会だといわれている。しかし、ストレスがない時代というのはなかったのではないだろうか。毎日の食べ物を自分で求め、保存もできず、常に飢えへの不安、自然との戦いなど等、毎日が常に緊張の連続である時代にはストレスは日常的なものであったと考える。現代では、食べ物は心配せずとも手に入る。外敵の心配も今の日本ではそんなに心配しなくともよい。その反面、生活の豊かさからくる、多様化、近所付き合い、会社での人間関係、世の中の進歩、ITへの適応に不安など等・・・。
    こう考えていくと、一体ストレスとはなんなのであろうか。一般にストレスとは、環境からの刺激によって生じた、悩みや緊張や疲労の状態のことを指す。現代社会には上記のようなストレスの要因が渦巻いている。ストレスの要因をストレッサーとも言うが、このストレッサーをもう少し分類化して具体例を挙げてみると、
    1、物理的・生物的・化学的ストレッサー
    (騒音、振動、温度、湿度、天候、花粉、悪臭など。)
     2、社会的ストレッサー
     (社会的な役割、人間関係、社会秩序の乱れなど。)
    3、心理的ストレッサー
     (不安、恐れ、怒り、焦り、憎..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。