民法にみる消費者保護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数827
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    取引にかかる約款は企業と消費者との間での契約であり、企業と消費者とではやはり一般的には消費者の方が、立場が弱いと考えられるので、不公平が生じないような環境整備を図るべきである。具体例を一つ挙げてみよう
    『訪問販売で「元本は絶対に保証する。今後円安が続き年9.1%は確実で有利。外資系の会社だが日本の銀行・郵便局と同じく安全」の説明を信じ、アメリカの商品ファンドに300万円を投資委託した。許可を受けていない会社とわかり不安になり解約を申し出たが、株券の買い替えを勧める。解約したい。』などといったケースがある。このようなトラブルを避けるためにも約款は重要な意味を持ってくるだろう。

    企業と消費者との関係を約款のような形で定型化しておくことは、消費者にとってメリットがある。どの企業とも安心して取引ができるからだ。
    「標準約款」という言葉がある。約款は企業と消費者との契約なので当局が口を挟むべき問題ではない、しかし、自由に任せておいたら必ず企業の横暴が起こる。なぜなら、企業と消費者とではやはり一般的には消費者の方が、立場が弱いからだ。このようなことを防ぐために「標準約款」という制度がある。「標準約款」とは当局が標準的な約款を提示する、業者はその「標準約款」を踏まえたうえで個々に約款を消費者との間で締結しなければならない、という制度である。もちろん、標準約款に違反した約款は認められない
    このことによって企業の社会正義に違反した行為が制限される。なぜなら、当局が禁じたような約款を締結するのは不可能であるからだ。はじめの具体例でも挙げたように、企業と消費者とのトラブルが絶えない。しかし、当局の規制をいれることによって未然に予防することが出来た。
    具体例を一つ挙げよう。Qさんは、ある日、レンタルビデオ店で、2泊3日280円で、映画のビデオ1本を借りた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    取引にかかる約款は企業と消費者との間での契約であり、企業と消費者とではやはり一般的には消費者の方が、立場が弱いと考えられるので、不公平が生じないような環境整備を図るべきである。具体例を一つ挙げてみよう
    『訪問販売で「元本は絶対に保証する。今後円安が続き年9.1%は確実で有利。外資系の会社だが日本の銀行・郵便局と同じく安全」の説明を信じ、アメリカの商品ファンドに300万円を投資委託した。許可を受けていない会社とわかり不安になり解約を申し出たが、株券の買い替えを勧める。解約したい。』などといったケースがある。このようなトラブルを避けるためにも約款は重要な意味を持ってくるだろう。
    企業と消費者との関係を約款のような形で定型化しておくことは、消費者にとってメリットがある。どの企業とも安心して取引ができるからだ。
    「標準約款」という言葉がある。約款は企業と消費者との契約なので当局が口を挟むべき問題ではない、しかし、自由に任せておいたら必ず企業の横暴が起こる。なぜなら、企業と消費者とではやはり一般的には消費者の方が、立場が弱いからだ。このようなことを防ぐために「標準約款」という制度がある。「標準..

    コメント1件

    ht1209 購入
    よくなかった
    2007/01/19 20:41 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。