ブランドマーケティング論

会員1,512円 | 非会員1,814円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,309
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    昨今の消費低迷による影響で業績不振にあえぐファッション・アパレル業界の中でも、海外高級旅行鞄、靴、アクセサリー等の輸入販売を手掛けるルイ・ヴィトンジャパンは、景気動向に左右されずに2002年において、同業他社を圧倒して過去最高の売上高(1,357億円)を記録する等急速に売上げを拡大しており、ブランド大国日本におけるトップブランドの地位を確立している。
    多くの日本企業がデフレ傾向著しい消費低迷にあえぐ中、なぜ高いブランド品が売れるのだろうか。その秘密は確固たるブランドに支えられたマーケティング戦略にあった。
    LVMH−モエヘネシー・ルイヴィトン。知っている有名海外ブランドを10個挙げて、そのうち少なくとも過半数はLVMHの傘下にある。一般の人が知っているあのブランド、このブランド、実はその多くはある巨大持ち株会社の子会社であり、いわばお互いに兄弟関係にあるのだ。本書は、そんな企業、LVMHが、クリスティアン・ディオールを皮切りに巨大なブランド帝国に育った過程とその戦略を詳述する。非常に面白く読めた。教授の推薦に感謝したい。
    LVMHの現総裁ベルナール・アルノーが,ブランド・コングロマリットを志すきっかけになったエピソードとして,以下のようなものが紹介されている.
    ある日,アルノーがニューヨークで乗ったタクシーの運転手は,フランスの大統領を知っている人は少ないがフランスの有名メーカーChistian Diorは誰もが知っている。というのだ。
    アルノーはブランドのもつ可能性に気付き,まずディオールの服飾部門を手に入れ,そこを足がかりに,1999年にLVMHを取得. そしてブランドマネジメントを徹底することで,手に入れたブランドをテコ入れし,そのそれぞれのブランドバリューを高める戦略で大成功を収めたのだった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    昨今の消費低迷による影響で業績不振にあえぐファッション・アパレル業界の中でも、海外高級旅行鞄、靴、アクセサリー等の輸入販売を手掛けるルイ・ヴィトンジャパンは、景気動向に左右されずに2002年において、同業他社を圧倒して過去最高の売上高(1,357億円)を記録する等急速に売上げを拡大しており、ブランド大国日本におけるトップブランドの地位を確立している。
    多くの日本企業がデフレ傾向著しい消費低迷にあえぐ中、なぜ高いブランド品が売れるのだろうか。その秘密は確固たるブランドに支えられたマーケティング戦略にあった。
    LVMH-モエヘネシー・ルイヴィトン。知っている有名海外ブランドを10個挙げて、そのうち少なくとも過半数はLVMHの傘下にある。一般の人が知っているあのブランド、このブランド、実はその多くはある巨大持ち株会社の子会社であり、いわばお互いに兄弟関係にあるのだ。本書は、そんな企業、LVMHが、クリスティアン・ディオールを皮切りに巨大なブランド帝国に育った過程とその戦略を詳述する。非常に面白く読めた。教授の推薦に感謝したい。
    LVMHの現総裁ベルナール・アルノーが,ブランド・コングロマリ..

    コメント1件

    kanakoo21 購入
    参考になりました。
    2006/06/06 23:27 (10年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。