財務会計の意義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,420
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「財務会計」とは一体何であろうか。これから「財務会計」の定義と意義について述べていく。「財務会計」とは、企業が貸借対照表・損益計算書を中心とする財務諸表を作成し公表することで、企業の財政状態および経営成績を企業外部の株主・債権者・取引先・税務当局など、企業と関わりのある組織や人々(=利害関係者)に報告する会計のことを指す。それでは、この「会計」とは何であろうか。まずこの会計の意味から押さえていきたい。
     会計は測定と報告から成り立っている。測定とは経済活動および経済事象を貨幣額で計算することで、報告とは測定された経済活動および経済事象を広く公表することである。測定された経済活動および経済事象を会計情報または財務情報といい、これを帳簿に記載し財務諸表に記載することを認識という(広い意味では認識を測定の範囲に含めてもよい)。例えば、「証券取引法」の場合には財務計算書類とよばれ、また「商法」の場合には計算書類ともよばれる。なお「証券取引法」の債務計算書類は企業集団ごとに作成する連結財務諸表であり、「商法」の計算書類は個別財務諸表である。つまり会計とは経済主体が営む経済活動およびこれに関連する経済事象を測定・報告することである。  
     次にこの会計を大きく二つに分類すると、経済主体別分類と報告対象別分類に分けられる。その中でもさらに細かく分類すると経済主体別分類(家計、企業会計、公会計、社会会計)報告対象別分類(財務会計、管理会計)となる。
     つまり財務会計とは会計の一分類に属するものである。そこで、もう一度財務会計を詳しく定義し直すと、財務会計は株主などの投資者、銀行などの債権者、仕入先・得意先などの取引先、税務当局などの企業外部の利害関係者に対して当該企業の経済活動および経済事象経済諸表などの財務情報を用いて報告することを目的とする会計である。したがって、財務会計はその報告対象が外部の利害関係者であることから外部報告会計とも呼ばれる。
     また財務会計は利害関係者の各種のニーズと意思決定に役立つ外部財務情報を報告するものでなければならない。しかし現行の財務会計は利害関係者の中でも投資者および債権者のニーズと意思決定に焦点を合わせているためにそこからアウトプットされる外部財務情報も投資者および債権者向けである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「財務会計」とは一体何であろうか。これから「財務会計」の定義と意義について述べていく。「財務会計」とは、企業が貸借対照表・損益計算書を中心とする財務諸表を作成し公表することで、企業の財政状態および経営成績を企業外部の株主・債権者・取引先・税務当局など、企業と関わりのある組織や人々(=利害関係者)に報告する会計のことを指す。それでは、この「会計」とは何であろうか。まずこの会計の意味から押さえていきたい。
     会計は測定と報告から成り立っている。測定とは経済活動および経済事象を貨幣額で計算することで、報告とは測定された経済活動および経済事象を広く公表することである。測定された経済活動および経済事象を会計情報または財務情報といい、これを帳簿に記載し財務諸表に記載することを認識という(広い意味では認識を測定の範囲に含めてもよい)。例えば、「証券取引法」の場合には財務計算書類とよばれ、また「商法」の場合には計算書類ともよばれる。なお「証券取引法」の債務計算書類は企業集団ごとに作成する連結財務諸表であり、「商法」の計算書類は個別財務諸表である。つまり会計とは経済主体が営む経済活動およびこれに関連す..

    コメント1件

    aa777aa 購入
    微妙です
    2006/09/24 0:34 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。