環境ドラッグの恐怖

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数427
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「環境ホルモン」という言葉はよく耳にするが、それが一体どういう影響を人間に与えているのか具体的に理解できていないので根本的に展開していこうと思う。「環境ホルモン」は英語ではEndocrine Disruptors(内分泌撹乱化学物質)と呼ばれている。日本でも正式に医学研究では昔は環境エストロゲンと呼ばれていたが、現在は外因性内分泌撹乱化学物質と言われている。
    定義
    アメリカ:1997年2月ホワイトハウス科学委員会・スミソニアン財団共催
    『生体の恒常性、生殖、発生、あるいは行動に関与する種々の生体内ホルモンの合成、貯蔵、分泌、体内輸送、結合作用あるいは排除などを阻害する性質を持つ生体外由来の物質』

    ヨーロッパ:1996年12月欧州委員会(EU)主催
    『外因性で、無処理の生物の内分泌系に対して、その個体もしくはその子孫の世代のいずれかの段階で健康障害性の変化を起こさせる物質』

    日本:1998年5月環境庁
    『動物の生体内に取り込まれた場合に、本来、その生体内で営まれている正常なホルモン作用に影響を与える外因性の物質』

    簡単に言えば「ホルモンバランスを乱す化学物質」
     実際には人や環境にほとんど影響を及ぼさないものもある。まだ作用メカニズムがよく解明されておらず、評価が十分なされていない段階では出来るだけ注意するに越したことはないと言う考えで可能性のある物質がリストされる傾向にあるのが実状である。環境ホルモンといっても様々であり、機関や研究者によって、環境ホルモンの種類が違うのはまだ研究途上にあり、環境ホルモンの定義がそれぞれの機関によって異なっていることが背景にあるからだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    環境ドラッグの恐怖
    ~近い未来に迫りくる危機~
    1.はじめに
     今、就職活動をしていて住宅業界に興味を持ってることから環境を取り巻く要因となっている環境ホルモンについて調べることにした。「環境ホルモン」という言葉はよく耳にするが、それが一体どういう影響を人間に与えているのか具体的に理解できていないので根本的に展開していこうと思う。
    2.環境ホルモンとは何か
     「環境ホルモン」は英語ではEndocrine Disruptors(内分泌撹乱化学物質)と呼ばれている。日本でも正式に医学研究では昔は環境エストロゲンと呼ばれていたが、現在は外因性内分泌撹乱化学物質と言われている。
    定義
    アメリカ:1997年2月ホワイトハウス科学委員会・スミソニアン財団共催
    『生体の恒常性、生殖、発生、あるいは行動に関与する種々の生体内ホルモンの合成、貯蔵、分泌、体内輸送、結合作用あるいは排除などを阻害する性質を持つ生体外由来の物質』
    ヨーロッパ:1996年12月欧州委員会(EU)主催
    『外因性で、無処理の生物の内分泌系に対して、その個体もしくはその子孫の世代のいずれかの段階で健康障害性の変化を起こさせる物質』
    ..

    コメント1件

    kedotaiji 購入
    good
    2006/05/07 18:02 (10年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。