生命科学の概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数608
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    細胞膜の主な機能は外界との仕切り、物質透過や情報伝達等の外界との相互作用、また化学反応や物理反応の場である。
    リン脂質の二重層を基本構造とし、そこに蛋白質が埋め込まれたり付着したりしている。細胞膜としての機能を発揮するためには蛋白質の存在が必要である
    リン脂質の二重層構造を支える主な力は疎水性相互作用である。細胞膜が二重層になるのは、リン脂質の性質による。リン脂質は1分子中に親水性部分と疎水性部分を持つ。疎水性相互作用とは疎水性分子あるいは分子の疎水性部分が、圧倒的多数の水分子に排除される結果互いに集合して安定化する現象あるいはその原因となる力である
    セントラルドグマ
    DNA複製は半保存的複製と呼ばれる様式で行われる
    二本の鎖のうち一方は親の鎖、他方は相補性を用いて新たに合成されたものである。
    蛋白質の情報を写し取ったRNAをmRNAと呼ぶ
    mRNAも蛋白質も細胞内でやがて分解される
    総ての遺伝子が転写されるのではなく、転写調節因子が遺伝子の転写を制御している

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    細胞膜の機能 主な力
    細胞膜の主な機能は外界との仕切り、物質透過や情報伝達等の外界との相互作用、また化学反応や物理反応の場である。
    リン脂質の二重層を基本構造とし、そこに蛋白質が埋め込まれたり付着したりしている。細胞膜としての機能を発揮するためには蛋白質の存在が必要である
    リン脂質の二重層構造を支える主な力は疎水性相互作用である。細胞膜が二重層になるのは、リン脂質の性質による。リン脂質は1分子中に親水性部分と疎水性部分を持つ。疎水性相互作用とは疎水性分子あるいは分子の疎水性部分が、圧倒的多数の水分子に排除される結果互いに集合して安定化する現象あるいはその原因となる力である
    セントラルドグマ
    DNA複製は半保存的複製と呼ばれる様式で行われる
    二本の鎖のうち一方は親の鎖、他方は相補性を用いて新たに合成されたものである。
    蛋白質の情報を写し取ったRNAをmRNAと呼ぶ
    mRNAも蛋白質も細胞内でやがて分解される
    総ての遺伝子が転写されるのではなく、転写調節因子が遺伝子の転写を制御している
    モザイク的発生調節的発生
    発生
    一つの受精卵から成熟の過程を経て、多種多様な細胞が生み出される過程のこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。