世界の歴史認識

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数353
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    北アメリカの地域では、最初のアメリカ人であるインディアンは大小五百くらいの部族にそれぞれ分かれていたが、これを八つの文化圏に分けて考えることができる。各地のインディアンはそれぞれの環境に応じて違った生活様式をもってはいたが一定の共通した特色をもっていた。そのなかでもとくに際立った点は、すべてのインディアン自分たちの住む自然の中に融け込むような生活をしていたことである。自然と身近な関係や、自然に依存して生活していることなどを、インディアンはよく自覚していた。語り伝えられている多くの伝承は、明らかに自然への畏怖、尊敬、愛情などの気持ちを物語っている。この考え方は現在の我々にとって重要な意味のある価値観である。なぜなら、近年環境問題のことが盛んに話題になっており、問題を解決しなければ人類の破滅にもつながる重要な問題だからである。人間は金儲けのために自然を破壊し、自然が少なくなると大金をかけて元に戻そうとする。いつも、その繰り返し。そろそろインディアンの考えを見習ってもらいたいと思う。
    またインディアンは、ヨーロッパ人と接しはじめた頃、概して寛大で、大陸での生活方法や農作物の栽培方法をヨーロッパ人に教えていた。この考え方もまたインディアンのよい所ではないかとを思う。特に日本は島国ということもあって、外国の人との接し方が不自然であると思う。もっと自然に、おなじ地球上の生物なのだから、海で隔たっていることなど気にしないで、仲良くしてもらいたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「世界の歴史認識」
    課題レポート
    「課題Aについて」
    (参考文献:『地域からの世界史』15『北アメリカ』)
    北アメリカの地域では、最初のアメリカ人であるインディアンは大小五百くらいの部族にそれぞれ分かれていたが、これを八つの文化圏に分けて考えることができる。各地のインディアンはそれぞれの環境に応じて違った生活様式をもってはいたが一定の共通した特色をもっていた。そのなかでもとくに際立った点は、すべてのインディアン自分たちの住む自然の中に融け込むような生活をしていたことである。自然と身近な関係や、自然に依存して生活していることなどを、インディアンはよく自覚していた。語り伝えられている多くの伝承は、明らかに自然への畏怖、尊敬、愛情などの気持ちを物語っている。この考え方は現在の我々にとって重要な意味のある価値観である。なぜなら、近年環境問題のことが盛んに話題になっており、問題を解決しなければ人類の破滅にもつながる重要な問題だからである。人間は金儲けのために自然を破壊し、自然が少なくなると大金をかけて元に戻そうとする。いつも、その繰り返し。そろそろインディアンの考えを見習ってもらいたいと思う。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。