子育て支援の社会的背景と課題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数4,347
ダウンロード数92
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本には未だに「子育ては女がするものだ」という固定観念があるようだ。私はそのような考えには反対である。「子育て支援」は女性が結婚して子育て中でも、家庭と仕事が両立できる暮らしづくりや社会づくりを進め、女性を救う為のものである。
    なぜ今、子育て支援が問題になっているかというと、少子高齢化社会の国は将来滅亡するからである。非生産性人口の増加より社会的な相互依存のバランスが狂い財政破綻、治安維持の崩壊、人命の危機に陥るに至ることが考えられる(必至である)。また有能な女性が、子供を預けることができないというだけで仕事をあきらめているのは社会的にも損失である。
      現在のような少子化社会を生んだ背景には色々な要因が考えられる。
    一つは女性の社会進出で働く女性が増加した事で、晩婚もしくは結婚しない女性が増えたことである。
      二つ目には結婚しても子育てが出来ない社会環境がある。会社員であれば子供の為に仕事を犠牲にすることは男として失格の烙印が押される日本の社会風土。夫は働き、妻は子育てに専念しなければならない。子育てである期間、会社を休むことが出来ない。
    昔は当然のことであった祖父母に子供の面倒を見てもらうことも核家族化がすすみ難しくなった。子供を保育所に入所させるにも待機児童が多く思い通りの時期に預けられない。運良く、入所出来ても月謝などの家計への負担が重くのしかかり何の為にはたらくのかの疑問まで生じる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子育て支援の社会的背景と課題について
    日本には未だに「子育ては女がするものだ」という固定観念があるようだ。私はそのような考えには反対である。「子育て支援」は女性が結婚して子育て中でも、家庭と仕事が両立できる暮らしづくりや社会づくりを進め、女性を救う為のものである。
    なぜ今、子育て支援が問題になっているかというと、少子高齢化社会の国は将来滅亡するからである。非生産性人口の増加より社会的な相互依存のバランスが狂い財政破綻、治安維持の崩壊、人命の危機に陥るに至ることが考えられる(必至である)。また有能な女性が、子供を預けることができないというだけで仕事をあきらめているのは社会的にも損失である。
    現在のような少子化社会を生んだ背景には色々な要因が考えられる。
    一つは女性の社会進出で働く女性が増加した事で、晩婚もしくは結婚しない女性が増えたことである。
    二つ目には結婚しても子育てが出来ない社会環境がある。会社員であれば子供の為に仕事を犠牲にすることは男として失格の烙印が押される日本の社会風土。夫は働き、妻は子育てに専念しなければならない。子育てである期間、会社を休むことが出来ない。
    昔は当然のこ..

    コメント8件

    mikakochan 購入
    子育て支援について少し理解することができました。
    2006/01/15 16:41 (10年10ヶ月前)

    singe64 購入
    具体例を多く挙げ分かり易い内容となっているが、問題の羅列のみに終わっているような感が否めない。もう少し、論にまとまりが欲しいところである
    2006/01/27 2:16 (10年10ヶ月前)

    rinen1982 購入
    すごく良かったです!
    2006/05/08 21:03 (10年7ヶ月前)

    ゆか 購入
    わかりやすいけれど、何だか自己満足的な終わり方でした。
    「思う」が最後に使われていると何だか自身がないみたい。
    2006/07/03 23:44 (10年5ヶ月前)

    yukishoji 購入
    構成がよかった。
    2006/07/04 10:41 (10年5ヶ月前)

    yoshinori 購入
    ありがとうございました。
    2006/08/15 20:37 (10年3ヶ月前)

    klighto 購入
    構成がよかった
    2006/11/09 15:39 (10年1ヶ月前)

    69sex 購入
    参考になりました。
    2007/01/03 6:25 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。