哲学の現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数429
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「家族という名の孤独」は、現在東京都精神医学総合研究所で働いている斎藤学氏の二十余年間の経験をもとに書かれた本である。この本は全部で九章に分かれている。
    第一章では19歳の女性を例にあげ、配偶者選択の不思議さについて書いてある。どのようなことが不思議かというと、人はどんなに過酷なものであっても同じ人間関係を繰り返すというものである。
    第二章では自分が必要とされることを必要とする「共依存」について書かれている。
    第三章では被虐待女性の多くは虐待する夫やパートナーよりも学歴も社会的能力も高く、男のほうがコンプレックスを抱いていることや、男性が傷つける対象は最も愛している人や癒しを期待する人だということなどが書かれている。
     第四章では子供は知らず知らずのうちに両親のカウンセラーを引き受けていることや、不幸が世代を超えて伝達することが4世代に渡って不幸が続く家庭を例にあげて書かれている。
     第五章では母と娘の関係は母と息子の関係以上に危険なものだと指摘している。また人の声の質が、人を好いたり嫌ったりする要素として重要であると書かれている。
     第六章では幼児虐待について書かれている。
     第七章では登校拒否を自己主張と捉えて、悪いことではないと述べている。そして登校を拒否できる能力は大切で、出来る人は「偉い」「勇気がある」と言っている。また学校や教師の問題を取り上げている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    要約
    「家族という名の孤独」は、現在東京都精神医学総合研究所で働いている斎藤学氏の二十余年間の経験をもとに書かれた本である。この本は全部で九章に分かれている。
    第一章では19歳の女性を例にあげ、配偶者選択の不思議さについて書いてある。どのようなことが不思議かというと、人はどんなに過酷なものであっても同じ人間関係を繰り返すというものである。
    第二章では自分が必要とされることを必要とする「共依存」について書かれている。
    第三章では被虐待女性の多くは虐待する夫やパートナーよりも学歴も社会的能力も高く、男のほうがコンプレックスを抱いていることや、男性が傷つける対象は最も愛している人や癒しを期待する人だということなどが書かれている。
     第四章では子供は知らず知らずのうちに両親のカウンセラーを引き受けていることや、不幸が世代を超えて伝達することが4世代に渡って不幸が続く家庭を例にあげて書かれている。
     第五章では母と娘の関係は母と息子の関係以上に危険なものだと指摘している。また人の声の質が、人を好いたり嫌ったりする要素として重要であると書かれている。
     第六章では幼児虐待について書かれている。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。